ソウル都心まで1時間短縮! 交通不便地域を改善 地下鉄4号線 北東部・南揚州市へ3駅延伸

韓国・ソウル交通公社(ソウルメトロ)は、地下鉄4号線の延伸区間である榛接線(チンジョプソン、진접선)の営業運転を2022年3月19日(土)始発から開始しました。

首都圏電鉄4号線などで運行している韓国鉄道公社341000系電車(스마트랜스/Pixabay)
首都圏電鉄4号線などで運行している韓国鉄道公社341000系電車(스마트랜스/Pixabay)

榛接線は、現在の4号線の起点であるタンゴゲ駅と、新たに開業した榛接(チンジョプ、진접)駅を結ぶ14.2kmの複線電化路線です。途中、別内(ピョルネ)ビョルガラム(별내별가람)駅、梧南(オナム、오남)駅の2つの駅が設置されています(路線図は下図を参照)。列車の運行はソウルメトロ、鉄道施設のメンテナンスは韓国鉄道公社、新設された3つの駅施設の管理と駅業務は所在地の自治体である南揚州市(ナミャンジュシ、남양주시)がそれぞれ担当します。

ソウル首都圏の東北部に位置する南揚州市は、大規模な宅地開発が続き人口が爆発的に増加したエリアです。しかしながら、広域交通網は市中南部を通る首都圏電鉄中央線・京春線に限られており、開発の進む北部地域から都心への交通インフラが不足していました。この問題を解決するため、2012年に国の鉄道公団により榛接線の妥当性調査と基本計画の作成が行われ、約10年で開通にたどり着きました。

【路線図で解説】ソウルメトロ 地下鉄4号線 タンゴゲ〜榛接間(榛接線) 延伸開業

榛接線区間はラッシュ時間帯には10〜12分間隔、その他の時間帯は約20分間隔で運転されます。4号線の東大門駅・ソウル駅・舎堂駅方面に直通運転し、榛接駅からソウル駅までの所要時間は52分です。この区間は従来はバス利用で2時間程度かかっており、約1時間短縮という大幅なアクセス改善が実現しました。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉