京都府が国の接種会場へ8コースの無料送迎バス 新大阪・天王寺からも無料シャトルバス

京都府は、国による新型コロナワクチンの大規模接種センターへ向けて、府内6方面8コースの無料送迎バスを運行しています。

京都駅八条口貸切バス乗降場(写真は今回の送迎バスではありません)(Katsumi/TOKYO STUDIO)
京都駅八条口貸切バス乗降場(写真は今回の送迎バスではありません)(Katsumi/TOKYO STUDIO)

防衛省が大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪、大阪市北区)に開設している自衛隊大規模接種センターでは、2021年6月7日(月)から65歳以上の京都府民が第1回のワクチン接種を行えるようになりました。これにあわせて、京都府内各方面と会場を往復する無料送迎バスを京都府が独自に運行しています。

6月7日(月)から運行が開始されており、国の大規模集団接種のスケジュールにあわせて実施されます。「京丹後&宮津コース」「舞鶴&綾部&福知山コース」「京丹波&南丹コース(2ルート)」「京都&乙訓コース(2コース)」「宇治&城陽&八幡コース」「木津川&精華&京田辺コース」の6方面8ルートが毎日運行されます(路線図は下図を参照)。各ルートの運行本数は1日あたり往路・復路各2便または4便です。一例を挙げると、京都駅とグランキューブ大阪を結ぶルートの所要時間は約1時間で、京都駅八条口(アバンティ前貸切バス乗降場)発の往路は8:00・11:00・13:00・16:30の4便、グランキューブ大阪発の復路は11:00・14:00・16:30・19:30の4便が運行されます。

センターでの接種予約をした方および付き添いの方(1名まで)のみ利用でき、乗車料金は無料です。接種予約とは別に、送迎バス予約コールセンターで乗車日の3日前(土日祝日にあたる場合はその前の平日)までに電話予約する必要があります。受付時間は平日の10時〜16時で、電話番号などの詳細は京都府Webサイトに掲載されています。予約時には「接種券番号」「同行者の有無」などの確認事項を伝えます。バス予約票の発行はされないため、利用者自身で乗車日・時刻などを手元に控えておきます。乗車時には接種券を提示する必要があります。

【路線図で解説】京都府 国による大阪大規模接種センターへの無料送迎バス

自衛隊大阪大規模接種センターへのアクセス方法として、5月24日(月)から大阪駅前およびなんばと会場を結ぶ無料直行バスが運転されています。

これらに加え、6月7日(月)〜8月23日(月)の毎日、新大阪駅および天王寺駅発着のシャトルバスが運行されます。接種対象者と付添の方のみ無料で乗車できます(乗車時に接種券を確認します)。各駅発は7:20〜19:10の間、約30分間隔で運行され、所要時間はいずれも約30分です。新大阪駅の乗車場所は正面口1階バスターミナル4番のりば、天王寺駅の乗車場所は天王寺公園南側バス駐車場です。各バスのりば付近には案内スタッフが配置されます。時刻表など詳細情報は大阪センターの案内ページに掲載されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉