大雨被害の山陽線に代行バス 新幹線への代替も 「くろしお」午前運休 18日のJR西日本

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

JR西日本は、大雨の影響に伴う2021年8月18日(水)の運転計画を発表しました。

新山口駅に停車中の山陽新幹線500系(けんちゃん_さん/写真AC)
新山口駅に停車中の山陽新幹線500系(けんちゃん_さん/写真AC)

停滞した前線による大雨の影響により、8月17日(火)は広島・山口エリアの在来線は多くの区間で終日運転を見合わせていました。8月18日(水)は一部の区間を除いて始発列車から運転を再開できる見込みです。

広島エリアでは、芸備線(備後落合駅〜三次駅間)、福塩線(府中駅〜三次駅間)、山陽本線(三原駅〜岩国駅間)、呉線(広駅〜広島駅間)および可部線(広島駅〜あき亀山駅間)で始発から運転再開の予定です。ただし、早朝に激しい雨が予想されており、状況によっては始発列車から予定通り運転できない可能性もあるとしています。詳しい運転計画は午前4時頃に公式サイトで告知するとしています。

一方、芸備線(三次駅〜広島駅間)および呉線(三原駅〜広駅間)は、8月18日(水)も始発から終日運転見合わせとなります。バス代行輸送は行われません。このうち呉線については、安芸長浜駅〜大乗駅間にある東川トンネル上部を通過する東川において、7月の大雨で護岸や川底が洗い流される被害が発生しました。川底にシートを設置する応急処置が行われていましたが、これが今回の大雨による増水により流されてしまったとのことです。このため、安全の確認ができるまで運転が取り止められます。

山口エリアでは、大雨による路盤流出などの被害により運転を見合わせている山陽本線(厚東駅〜厚狭駅間)、宇部線(新山口駅〜宇部駅間)、小野田線(宇部新川〜小野田間)を除く各区間において、始発列車から運転できると見込まれています。

運休区間のうち、山陽本線の厚東駅〜厚狭駅間では8月18日(水)から当分の間、バスによる代行輸送が実施されます(路線図は下図を参照)。代行バスの所要時間は約45分で、途中の各駅に停車します。バスの乗降の際には、利用する区間のJRの乗車券(定期券、回数券等を含む)をあらかじめ購入する必要があります。道路事情により予定通り運転できない場合や、満員のため乗車できない場合があるとしています。代行バスの時刻表やのりば位置などの詳細情報は、公式サイトの運行情報で確認することができます。

同じく8月18日(水)から、山陽本線の新山口駅〜厚狭駅の全区間を含む乗車券をお持ちの方を対象に、山陽新幹線による代替輸送の取り扱いが開始します。8月13日(金)以前に購入した普通乗車券・定期券・回数券等が対象で、新幹線改札口で係員が配布する「新幹線代替輸送乗車票」により新山口駅〜厚狭駅間のみ新幹線に乗車することができます。代替輸送により乗車できるのは自由席のみです。

【路線図で解説】JR西日本 山陽本線の厚東〜厚狭間に代行バス

近畿地方では、8月17日(火)の大雨の影響により、和歌山エリアの一部区間で運転見合わせが発生しました。雨が小康状態となってから線路点検を行うため、安全が確認できて運転が再開されるまで長時間かかることが予想されています。そのため、8月18日(水)はきのくに線の御坊駅〜紀伊田辺駅間で始発から午前中の運転が取り止めとなるほか、和歌山駅〜御坊駅間でも一部列車の運転が取り止められる可能性があります。

きのくに線の特急列車は、午前中については一部の列車のみの運転となります。運転が予定されている特急「くろしお」は、上りの2号(和歌山駅5:14発 新大阪駅行)、6号(海南駅6:16発 新大阪駅行)および12号(和歌山駅9:50発 新大阪駅行、新宮駅〜和歌山駅間は運休)のみとなります。午後の運転計画は8月18日(水)の午前中に知らせるとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉