電車で「なばなの里イルミネーション」へ 近鉄長島駅に急行臨時停車 おトクなきっぷも

近畿日本鉄道(近鉄)は、「なばなの里イルミネーション」最寄駅の近鉄長島駅に急行列車を臨時停車するとともに、おトクなセットきっぷを発売します。

「なばなの里イルミネーション」の光のトンネル「花回廊」(rrrriiiissaa/写真AC)
「なばなの里イルミネーション」の光のトンネル「花回廊」(rrrriiiissaa/写真AC)

ナガシマリゾートにある花と緑のテーマパーク「なばなの里」(三重県長島町)では、2004年から毎年「なばなの里イルミネーション」が開催されています。色鮮やかなLED電球だけできらめきの世界が表現される国内最大級のイルミネーションイベントで、18回目を迎える今シーズンの開催期間は2021年10月23日(土)〜2022年5月31日(火)です。なお、2022年1月11日(火)〜13日(木)・24日(月)〜28日(金)は休園日となります。

期間中の交通渋滞の緩和を図るため、運営する長島観光開発(桑名市)と近鉄、三重交通(津市)が連携し、公共交通機関の利用を促す施策が実施されます。

近鉄は、急行列車の一部を近鉄長島駅に臨時停車させ、イルミネーションへお出かけの方の利便性を高めます。2021年10月23日(土)〜2022年5月29日(日)の土休日ダイヤ運転日は1日上下計40本、平日ダイヤの2021年12月24日(金)は上下計34本の急行が臨時停車します(臨時停車する列車の時間帯は下表を参照)。そのほか、準急・普通列車も停車します。

三重交通は2021年10月23日(土)〜2022年5月31日(火)の毎日(休園日を除く)、近鉄長島駅〜なばなの里間を約10分で結ぶ直通バスを運転します。開園時間の10時〜21時(特定日は22時)に合わせて1時間あたり1〜3本運転され、片道運賃は大人220円・小児110円です。三重交通ICカード「エミカ」のほか全国相互利用サービス対象の交通系ICカードも利用できます。なお、イルミネーション期間中は桑名駅前となばなの里を結ぶ路線バスは運休となります。

さらに、近鉄長島駅までの近鉄電車および近鉄長島駅前からなばなの里へのバスの往復乗車券に、なばなの里の入村券、村内施設で利用できる金券(500円分×2枚)がセットになったおトクなきっぷ「なばなの里イルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ」が発売されます。入村券・金券も含めて利用開始日から連続2日間有効です。近鉄名古屋発のおねだんは大人3,300円・小児2,750円で、セットで260円おトクです。大阪方面からの設定もあり、大阪難波駅発の場合は大人6,250円・小児4,230円で1,070円おトクになります(主な駅からのおねだんは下表を参照)。特急列車を利用する場合は別途、特急券の購入が必要です。

発売期間は2021年10月11日(月)〜2022年5月31日(火)で、近鉄主要駅(特急券発売駅)の窓口で利用開始日の1か月前から当日まで購入できます。利用期間は2021年10月23日(土)〜2022年6月1日(水)ですが、有効期間の2日間ともなばなの里休園日に当たる2022年1月11日(火)・12日(水)・24日(月)〜27日(木)利用開始のきっぷは発売されません。また、利用開始日が2022年5月31日(火)の場合、三重交通バスおよびなばなの里入村券・金券は5月31日(火)に限り利用可能です。

【図表で解説】近鉄 「なばなの里イルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ」

なお、イルミネーション期間中の14:00までになばなの里に入村した方には、正面ゲートで2022年5月31日(火)まで有効の「ベゴニアガーデン入館500円券」(大人1,000円→500円・小学生700円→500円)のプレゼントがあります。対象は一般入場者および上記「近鉄電車&バス割引セットきっぷ」の利用者限定です。

近鉄は、なばなの里へは便利な近鉄電車と直通バスを利用し、イルミネーションをゆっくり楽しんでほしいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉