江ノ電 普通回数券を廃止 12月末で発売終了 新型コロナで発売減少 有効期間内は利用可

江ノ島電鉄(江ノ電)は、「普通回数乗車券」の発売を2021年12月31日(金)をもって終了します。

江ノ島電鉄10形電車(右)と1000形電車(makoto.h/写真AC)
江ノ島電鉄10形電車(右)と1000形電車(makoto.h/写真AC)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い利用者数が減少し発売数が低迷していることや、自社を取り巻く経営環境の変化を受けて判断したとのことです。対象は江ノ島電鉄線内(藤沢駅〜鎌倉駅間)有効の普通回数乗車券(11枚つづり、有効期間2か月)で、発売は12月31日(金)終電までで終了となります(路線図は下図を参照)。

【図表で解説】江ノ島電鉄 普通回数乗車券の発売を終了

発売終了までに購入した普通回数乗車券は、券面に記載されている有効期間終了日まで利用できます。なお、身体障がい者割引回数乗車券、知的障がい者割引回数乗車券および通学用割引回数乗車券(放送大学生用・通信制高等学校生用)については、特殊割引回数券として引き続き発売されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉