妊婦さんを応援「IGR HUG PASS」 電車とバスが半額 計5日間利用可 IGRいわて銀河鉄道

IGRいわて銀河鉄道は、沿線地域の妊産婦の方のアクセスを支援する企画乗車券「IGR HUG PASS(アイジーアール ハグパス)」を発売します。

IGRいわて銀河鉄道IGR7000系電車(KUZUHA/写真AC)
IGRいわて銀河鉄道IGR7000系電車(KUZUHA/写真AC)

盛岡方面へ健診などで通う妊産婦の方を対象に、IGR線と盛岡駅からの路線バスが通常運賃の半額で計5日間利用できるおトクなきっぷです。岩手県交通(岩手県盛岡市)との共同企画商品で、2021年12月1日(水)から通年で発売されます。購入できるのは母子健康手帳の交付を受けてから出産するまでの妊産婦の方です。IGR各駅の窓口(小繋駅・斗米駅を除く)で母子健康手帳を提示して購入します。有効期間は購入日から1年間で、購入済みのきっぷは有効期間内なら出産後でも利用できます。

IGR線は発駅〜盛岡駅間が乗り降り自由となります。主な駅からのおねだんは青山駅から1,900円、好摩駅から4,100円、いわて沼宮内駅から5,550円、二戸駅から10,800円です(利用可能区間の路線図と各駅からのおねだんは下図を参照)。岩手県交通は盛岡駅前から運賃160円区間内の往復利用が含まれており、区間外へ乗り越す場合は160円との差額を降車時に支払います。

IGRでは、県北地域から盛岡方面へ通院する方が安心して利用できるようサポートする総合通院サービス「IGR地域医療ライン」を実施しています。一部の列車にはアテンダントが電車に乗務し、後方車両の全座席を優先席として通院利用者のサポートを行っています(その他の列車も利用可能)。また、一部の駅(岩手川口駅、いわて沼宮内駅、御堂駅、奥中山高原駅、小繋駅、小鳥谷駅、一戸駅、金田一温泉駅)では通院専用の無料駐車場または有料駐車場の無料サービスを提供しており、「IGR HUG PASS」を利用する方も対象となります。

【路線図で解説】IGRいわて銀河鉄道 「IGR HUG PASS」

IGRによると、「近くに産科がなくて盛岡に通っているが、クルマの運転など一人で移動するのが不安」という妊産婦の方をきっかけに企画したとのことです。1枚のきっぷで産科まで通える「IGR HUG PASS」を活用し、体調に合わせて移動手段を選んでほしいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉