商売繁盛は豊川稲荷へ 名鉄からフリーきっぷ3種 お土産・グルメ・御祈祷から選べます

名古屋鉄道(名鉄)は、豊川市および豊川市観光協会とタイアップして「2022豊川キャンペーン『とよかわ参歩(さんぽ)』」を実施します。

豊川稲荷の「霊狐塚」(Katsumi/TOKYO STUDIO)
豊川稲荷の「霊狐塚」(Katsumi/TOKYO STUDIO)

日本三大稲荷の一つ「豊川稲荷」は、正式名称は豊川閣妙厳寺という曹洞宗の寺院です。室町時代の1441年に創建され、江戸時代には商売繁盛、家内安全の神として全国に信仰が広がりました。願いがかなった方が奉納した大小1,000体以上のキツネの石像が並ぶ「霊狐塚(れいこづか)」も独特なパワースポットとして人気です。

名鉄沿線から豊川への観光キャンペーンは2022年1月1日(土・祝)〜4月3日(日)に開催されます。期間中、豊川稲荷への参拝と周辺の観光スポットの散策を楽しめるプランに、名鉄電車全線1日乗り放題の「1DAYフリーきっぷ」がセットになったおトクなきっぷ3種類が発売されます(詳細は下表を参照)。

「とよかわ お参歩きっぷ」は、21の指定店舗でお土産引き換えや金券として利用できる「お参歩クーポン」がセットになっています。豊川稲荷の御守プレゼントも用意されています。設定期間は2022年1月1日(土・祝)〜4月3日(日)で、おねだんは大人3,300円・小児2,000円です。

「とよかわグルメきっぷ」は、参加している6つの飲食店が提供するメニューを1つ選べる「お食事券」が付属しています。豊川稲荷のオリジナルクリアファイルもプレゼントされます。設定期間は2022年1月11日(火)〜4月3日(日)で、おねだんは大人4,200円です(小児の設定はありません)。

「豊川稲荷 御祈祷&精進料理プラン」は、豊川稲荷で本殿で御祈祷が受けられ、御祈祷の終了後に精進料理のお膳「点心」の接待も含まれるプランです。設定期間は2022年1月4日(火)〜4月3日(日)で、おねだんは大人5,100円です(小児の設定はありません)。

【図表で解説】名鉄 「2022豊川キャンペーン『とよかわ参歩(さんぽ)』」

いずれのきっぷにも、豊川稲荷で期間限定の御朱印を授受できる頒布券が付いています(御朱印代500円が別途必要です)。また、特別車両券(ミューチケット)を窓口で購入する際に利用できる割引券(通常360円が180円に)も1回分含まれています。

発売場所は名鉄の出札係員配置駅(弥富駅・赤池駅を除く)、名鉄名古屋駅サービスセンターおよび名鉄観光サービスの主な支店です。なお、東岡崎駅・新安城駅・知立駅から利用する場合は、「1DAYフリーきっぷ」を発駅から豊川稲荷駅までの「往復割引乗車券(1割引)」に変更することもできます(発売額は上表を参照)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉