野岩鉄道+バス「尾瀬往復割引きっぷ」がおトク 群馬県側へ縦断する方には片道タイプも

野岩鉄道と会津乗合自動車(会津バス、本社: 福島県会津若松市)は、列車とバスを乗り継いで尾瀬の観光を楽しめるおトクなきっぷを期間限定で発売します。

野岩鉄道に直通運転する特急「リバティ会津」東武鉄道500系(nkm03/写真AC)
野岩鉄道に直通運転する特急「リバティ会津」東武鉄道500系(nkm03/写真AC)

尾瀬国立高原は、福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる盆地状の高原です。約1万年前に形成されたと考えられる湿原・尾瀬ヶ原を中心にトレッキングコースが整備されており、ニッコウキスゲなどの高山植物が夏山の風景を彩ります。

尾瀬の観光シーズンとなる2022年6月1日(水)〜10月29日(土)の期間、野岩鉄道の主要駅などで「尾瀬往復割引きっぷ」が発売されます。新藤原駅から会津高原尾瀬口駅で乗り継いで尾瀬沼山峠に至る区間の列車・バス往復乗車券で、おねだんは大人5,600円・小児2,810円です。通常の往復分運賃よりも大人用で1,480円おトクに購入することができます。路線バスは往復それぞれ1回まで途中下車することができ、「前沢曲家集落」「檜枝岐(ひのえまた)温泉」など沿線の観光スポットに立ち寄ることもできます。

また、尾瀬を縦断して群馬県側から下山する方などには「尾瀬往復片道きっぷ」の利用が便利です。新藤原駅から会津高原尾瀬口駅までの片道のみ利用でき、大人2,800円・小児1,410円とこちらも通常運賃よりおトクな設定です。往復タイプと同様、路線バス区間で1回途中下車が可能です(利用可能区間の路線図は下図を参照)。

【路線図で解説】野岩鉄道 「尾瀬往復割引きっぷ」「尾瀬片道割引きっぷ」発売

いずれのきっぷも野岩鉄道車内で車掌から購入することもできますが、「AIZUマウントエクスプレス」での車内発売は行われません。東武日光駅・鬼怒川温泉駅にあるツーリストセンターでは当日利用分のほか、利用日1週間前からの前売り発売を利用することもできます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉