新型ハイブリッドHC85系 7月から特急「ひだ」に 8月にも追加投入 記念キャンペーンも

JR東海は、新型車両「HC85系」が2022年7月1日(金)から高山本線の特急「ひだ」としてデビューすることに合わせ、記念の旅行や商品などを楽しめるキャンペーンを展開します。

名古屋車両区で並ぶキハ85系気動車(左)とHC85系ハイブリッド式気動車(レインコート/写真AC)
名古屋車両区で並ぶキハ85系気動車(左)とHC85系ハイブリッド式気動車(レインコート/写真AC)

国内最高速ハイブリッド車両

HC85系には、回生ブレーキにより発生した電力を蓄電池に充電し、加速時のアシストや駅停車時の空調等に使用する新型のハイブリッドシステムが搭載されています。1988年から特急「ひだ」「南紀」として活躍してきたキハ85系気動車の後継車両として開発され、キハ85系比で燃費を約35%向上、CO2排出量を約30%低減するなど、環境負荷の低減を実現します。また、ハイブリッド方式の鉄道車両として国内初の最高速度120km運転が行われ、防振・防音構造の強化により静粛性と乗り心地も向上します。

7月1日(金)から名古屋駅〜高山駅間の特急「ひだ」のうち4本がHC85系による運転となり、続いて8月1日(月)からはさらに2本が運用に追加されます。今後は2023年度までに64両が製造され、運転区間を拡大しながらキハ85系を順次置き換えていきます(HC85系の時刻表やキャンペーン詳細は下の図表を参照)。

【時刻表で解説】JR東海 「Hello! New HIDA」HC85系デビュー記念キャンペーン

観光クーポン2000円分もらえる

HC85系のデビュー記念キャンペーンとして、おトクなきっぷ「飛騨路フリーきっぷ」を指定期日内に購入すると、旅行先の土産店や飲食店などで使える電子観光クーポン「ぎふ旅コイン」2,000円分がプレゼントされます。また、例年は除外日となっているお盆期間(8月10日(水)〜19日(金))も特別に「飛騨路フリーきっぷ」を利用できます。

また、親子で楽しめるツアーとして、名古屋駅からHC85系の回送列車に乗車し、通常は入れない車両基地内を列車に乗って見学できる旅行商品が発売されます。そのほか、ホテルのコンセプトルーム、記念駅弁など、JR東海グループ会社を中心にさまざまな商品企画が行われ、HC85系のデビューに彩りを添えます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉