相鉄の“泣ける”映像『父と娘の風景』が話題 オダギリジョー主演 世界が驚く撮影手法は?

相鉄ホールディングスは、2023年3月18日(土)に開業した相鉄新横浜線により東急線との相互直通運転を開始したことに合わせ、記念ムービー『父と娘の風景』を公開しました。

オダギリジョー(右)、櫻坂46 山﨑天が主演する相鉄東急直通記念ムービー『父と娘の風景』内のワンシーン(画像提供:相鉄ホールディングス)
オダギリジョー(右)、櫻坂46 山﨑天が主演する相鉄東急直通記念ムービー『父と娘の風景』内のワンシーン(画像提供:相鉄ホールディングス)

「櫻坂46」の山崎天が娘役

俳優のオダギリジョーさんと、アイドルユニット「櫻坂46」2期生の山崎天さんが父娘役で初共演しました。映像の舞台は相鉄線の電車内です。小学校から高校卒業まで成長していく娘と、そのときどきの娘に寄り添う父親の姿が、12年間の時間変化とともにゆっくり描かれています。やがて娘は思春期や反抗期を迎え、父との距離が微妙に変化する点も見ものです。

娘が春から東京へ通学することが決まったラストシーンでは、「東京、遠いな」と声をかける父に対し、娘は「あっというまだよ」と答えます。相鉄線の駅で手を振って乗り換えるオダギリさんの少し名残惜しそうな様子や、相鉄・東急直通線で東京方面へ向かう山﨑さんの頼もしい表情が印象に残り、まるで映画を見終わったような余韻に浸れます。

映像は3月16日(木)から相鉄グループ特設サイトと、公式YouTubeで公開されています。映像監督は、2019年の相鉄都心直通記念ムービー『100 YEARS TRAIN』をはじめ、数々の話題の映像を手がけるフィルム・ディレクターの柳沢翔さんが務めました。

映像内の音楽は、ラッパーでプロデューサーのPUNPEEが担当し、深く温かい声と歌唱力で愛されるハナレグミとのコラボレーションが実現しました。今回のためにボーカルを再録し、アレンジし直したPUNPEEの『タイムマシーンにのって』に、ハナレグミの代表曲『家族の風景』がサンプリングされ、父と娘の物語にしっとりとなじむ楽曲に仕上がっています。

楽曲のフルバージョンは、各音楽配信サイトで3月24日(金)から配信が開始しています(『父と娘の風景』のムービーカット素材、主演者・音楽担当・監督のプロフィールなど詳細は下の図表を参照)。

【写真で解説】『父と娘の風景』のムービーカット素材、主演者・音楽担当・監督のプロフィール

全シーンを“ワンカット撮影”

『父と娘の風景』の凄みは何と言っても、“父と娘の12年間”がすべてワンカットで撮影されているところです。オダギリさん、山﨑さんをはじめ、6歳から46歳まで総勢50名の父娘キャストが一直線に並び、計算され尽くした演技を時間差でこなします。短く25台に輪切りにされた車両の美術セットは、電車が走行する雰囲気を演出するため、一つ一つを人力で左右に蛇行させる手の込みようです。

【宿泊プラン】首都圏から行けるワンランク上の温泉旅館にお得に行こう 草津・伊香保・四万|日光・鬼怒川・川治・湯西川・那須|箱根|伊豆(提供:東武トップツアーズ)

ちなみに、オダギリさんは幼少期の娘と“1人目の父”を演じた後、山﨑さん演じる12年後の娘とともに“25人目の父”としてクライマックスシーンに登場します。この間、セット裏を30m疾走し、10秒間のヘアメイクで12年後の姿にスピード変身するという離れ業が成し遂げられたそうです。撮影現場の裏側はメイキング映像で見ることができます。

「度肝を抜かれた」「爆泣き」「映像史に残る」など、『父と娘の風景』を視聴した人の驚きや感動の声がSNSに続々と上がっており、公式投稿動画は350万回再生を超えました。

さらに、中国本土で人気のある動画共有サイト「bilibili」では“日本神级广告”と題され、1週間で350万回再生を突破したそうです。台湾のメディアでも「メイキング映像を見て鳥肌が立った。日本人はすごい」といったSNSの声が紹介されています。国内外での反響の大きさは、鉄道事業者のイメージ映像としては異例と言えそうです。

相鉄は、20000系・21000系車両の各1編成を対象に、『父と娘の風景』をテーマにしたトレインジャック広告を展開しています。東急新横浜線・東横線・目黒線をはじめ、東京メトロ線や都営地下鉄線にも相互直通運転する車両なので、広いエリアで相鉄線の世界観を味わうことができます。さらに、相鉄線の全駅や乗り入れ先の一部駅、相鉄グループの商業施設「JOINUS」などでは屋外広告が掲出され、一風変わったテイストで新路線開業がPRされています。