【速報】都営大江戸線が12月27日から通常の7割に減便 運転士15人コロナ感染

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

続報があります。こちらの記事をご覧ください。(2020年12月30日14:00更新)

東京都交通局は、運転業務を担当する職員の新型コロナウイルス感染等に関連し、都営地下鉄大江戸線の運行を2020年12月27日(日)から通常の7割程度とすることなどを発表しました。

都営地下鉄大江戸線都庁前駅(イメージ)
都営地下鉄大江戸線都庁前駅(イメージ)

交通局の発表によると、大江戸線は、12月27日(日)から2021年1月11日(月・祝)までをめどに通常の7割程度の本数による運行になります。12月28日(月)の朝ラッシュ時間帯については通常どおり運行する予定だとしています。

12月15日(火)〜12月25日(金)までの間に、大江戸線清澄乗務区に所属する計15人の運転業務職員が新型コロナウイルスに感染したと発表していました。感染した職員のうち1人は12月23日(水)に職場復帰しましたが、12月25日(金)から濃厚接触者5人(うち乗務員4人)が自宅待機となったほか、PCR検査受診のために自宅待機している職員も3人いるとのことです。

交通局では、清澄乗務区の一斉消毒や所属する全職員へのPCR検査といった対策を実施する一方、職員の回復状況を踏まえて体制が整いしだい、順次通常運行へ戻したいとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉