京王線・井の頭線で20日から最大30分終電繰り上げ 緊急事態宣言に対応

京王電鉄は、緊急事態宣言の発出および国土交通省と1都3県による要請を踏まえ、新型コロナウイルス感染拡大防止に資する施策として終電時刻を繰り上げることを発表しました。

京王線・井の頭線で20日から終電繰り上げ
京王線・井の頭線で20日から終電繰り上げ

対象区間は京王線(競馬場線・動物園線を除く)および井の頭線で、2021年1月20日(水)から当面の間実施されます。終電の繰り上げ幅は、京王線では上下線でおおむね10〜30分程度、井の頭線では上下線でおおむね10〜20分程度としています。

一例として、京王線新宿駅の終電時刻は、京王八王子駅行が現行の0:34から0:21に13分繰り上げられます。また、井の頭線渋谷駅発の吉祥寺行終電は現行の0:40から0:22へと、18分の繰り上げになります(図表を参照)。

【路線図で解説】京王線・井の頭線 20日から終電繰り上げ

なお、今回の終電繰り上げに伴う代行輸送は実施しないとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉