JR四国の特急指定席が最大530円おトク 「e5489」チケットレス3月13日開始

四国内の特急列車は2021年3月13日(土)から、インターネット予約によるチケットレスサービスで乗車できるようになります。

予讃線特急「しおかぜ」「いしづち」に使用されるJR四国8600系電車

JR西日本ネット予約「e5489(いいごよやく)」のチケットレスサービスに、岡山駅から四国への特急列車およびJR四国管内の特急列車が新たに設定されます(下図を参照)。サービス開始日は3月13日(土)で、当日乗車分も含め5:30から発売が開始されます。

チケットレスサービスとは、スマートフォンまたはパソコンから「e5489」で指定席をネット予約するだけで、スマートフォン画面が特急券になるサービスです。パソコンからプリントアウトしたものの提示や、受け取ったきっぷによる乗車も可能です。一部の商品を除き、インターネットから何度でも手数料なしで予約の変更ができます(きっぷの受け取り前に限ります)。「e5489」の利用にはJ-WESTネット会員登録(無料)が必要です。

【路線図で解説】JR四国 特急列車チケットレスサービス 設定区間

チケットレスサービスで購入できるのは片道指定席タイプのきっぷで、おトク額が違う2つの商品があります(下表を参照)。「チケットレス特急券」は、一般クレジットカードをお持ちの方ならどなたでも購入でき、紙のきっぷの指定席特急券(通常期)より200円おトクになります。「eチケットレス特急券」は、J-WESTカードをお持ちの方専用の商品で、指定席特急券(通常期)より310〜530円おトクに購入できます。いずれも利用の際には乗車券(普通乗車券、定期券、IC乗車券など)が別途必要になります。

【図表で解説】JR四国 特急列車チケットレスサービス 料金例

寝台特急「サンライズ瀬戸」および、観光列車を含む一部の特急列車・普通列車のグリーン席はチケットレスサービスの対象外となります。また、土佐くろしお鉄道線を含む区間についてはチケットレスサービスの設定がないため予約できません。

なお、快速「マリンライナー」はすでにチケットレスサービスを導入しており、設定に関する変更はないとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉