名鉄「岐阜城きっぷ」4月1日発売 岐阜バス・金華山ロープウェー・岐阜城入場券付き

名古屋鉄道は、岐阜のまち歩きをおトクに楽しめる企画乗車券「岐阜城きっぷ」を発売します。

名鉄9500系電車(猫三郎/写真AC)
名鉄9500系電車(猫三郎/写真AC)

「岐阜城きっぷ」は、名鉄が岐阜市、岐阜観光コンベンション協会とタイアップして企画した、織田信長公が天下統一への拠点とした岐阜城と、戦国城下町・岐阜の魅力を1日ゆったり堪能できるおトクなきっぷです。名鉄岐阜駅までの名鉄電車の往復割引乗車券、岐阜バスの指定区間(JR岐阜〜岐阜グランドホテル間)が乗り放題の1DAYフリーきっぷ、ぎふ金華山ロープウェー往復乗車券の引換券、それに岐阜城入場券の引換券がセットになっています。さらに、特別車両券(ミューチケット)の割引券1枚も付いています(通常360円が250円に割引、詳細は下図を参照)。

岐阜バスの名鉄岐阜〜岐阜公園歴史博物館前間は5分間隔で運行しています。バスやロープウェイを使えば、岐阜公園、ぎふ金華山リス村、岐阜大仏(正法寺)などの観光スポットや、川原町界隈の古いまちなみ、長良川うかいミュージアムなどへも足を伸ばすこともできます。市内6か所にサイクルポートがある「ぎふ・まちなかレンタサイクル」の利用により、さらにアクティブに岐阜まちなか観光を楽しむことができます(1回300円〜、別料金)。

「岐阜城きっぷ」は、任意の名鉄各駅から利用可能です(瀬戸線の各駅および名鉄岐阜駅が発駅となる設定はありません)。名鉄名古屋駅発のおねだんは大人2,270円、小児1,150円です。電車・バス・ロープウェイの各交通機関および岐阜城入場券を別々に購入する場合と比較すると、610円おトクになります(大人、岐阜バスは通常往復運賃との比較、主な駅からのおねだんとおトク額は下図を参照)。

【図表で解説】名鉄 「岐阜城きっぷ」

発売・利用期間は2021年4月1日(木)〜2022年3月31日(木)です。発売箇所は名鉄の出札係員配置駅(弥富駅・赤池駅を除く)、名鉄名古屋駅サービスセンターおよび、名鉄観光サービス9支店(豊橋支店、東岡崎駅旅行センター、豊田市駅旅行センター、刈谷支店、名古屋伏見支店、一宮支店、栄地下支店、名駅地下支店、名鉄岐阜駅旅行センター)です。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉