JR四国「高知初がつおきっぷ」で旬の鰹を食す 「久礼大正町市場」3,000円分利用券付

JR四国は、高知県名物の旬の鰹(かつお)が楽しめるおトクなきっぷ「あじな散歩道 高知初がつおきっぷ」を期間限定で発売します。

高知県中土佐町の「久礼大正町市場」(セカイの歩き方/写真AC)
高知県中土佐町の「久礼大正町市場」(セカイの歩き方/写真AC)

鉄道とグルメがセットになったおトクな日帰り旅行をテーマに発売している企画乗車券シリーズ「あじな散歩道」に設定される新商品です。出発駅から土讃線土佐久礼駅までのJR往復と、土佐久礼駅最寄りの「久礼大正町市場」提携店舗で使える3,000円分の利用券がセットになっています。

高知県は一人あたりの鰹の消費量全国一を誇ります。高知県民に古くから愛されてきた鰹は、春から初夏にかけて最初の旬を迎えます。とれたての新鮮な鰹をはじめとする魚料理がその場で楽しめることで人気の商店街「久礼大正町市場」は、高知市から南西へ約50km、久礼湾に面した中土佐町にあります。

「高知初がつおきっぷ」には、久礼大正町市場周辺の21店舗で使える1,000円分の利用券が3枚付いています。お目当ての1店舗での利用や、複数店舗で利用しながらのまちめぐりなど、用途は自由です。鮮魚店や飲食店だけでなく、喫茶店や酒店、ミュージックバー、雑貨店など、地元感あふれるディープなお店も対象店舗となっているので、自分好みの散策が楽しめそうです。

高知県の名物料理「鰹の刺身」「鰹の塩たたき」(イメージ)(にゃん春/写真AC)
高知県の名物料理「鰹の刺身」「鰹の塩たたき」(イメージ)(にゃん春/写真AC)

利用期間は2021年4月1日(木)〜6月30日(水)です。発売箇所はJR四国の駅のみどりの窓口、みどりの券売機プラス、ワープ支店・駅ワーププラザなどです。WEBサイト「JR四国ツアー」では、出発6日前まで申し込みが可能です。出発駅はJR四国線内の任意の駅から選べます(児島駅を除く)。主な駅からのおねだんは、高知駅発7,000円、高松駅発11,000円、徳島駅発11,000円、松山駅発18,000円(大人用、小児用も設定あり)です。土佐久礼駅までの往復は、特急列車および普通列車の普通車自由席が利用可能です。JR四国線内は途中下車も可能です(同一出発エリア内の駅および児島駅を除く、詳細は下図を参照)。

【図表で解説】JR四国 「あじな散歩道 高知初がつおきっぷ」

ところで、土讃線特急「南風」「しまんと」のすべての列車は、3月13日(土)ダイヤ改正から全席コンセント・車内無料Wi-Fiが利用可能な新型車両2700系気動車に統一されました。JR四国は4月から実施中の観光キャンペーン「おでかけ。四国家(しこくけ)2021」内で、「高知初がつおきっぷ」の発売とともに、高知方面への旅がより快適になったことを重点的にPRしていきます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉