JR北海道「ライラック旭山動物園号」運転中止へ 7月17日以降 新型コロナで利用者減少

JR北海道は、2021年7月17日(土)以降について特急「ライラック旭山動物園号」の運転を取り止めます。

特急「ライラック旭山動物園号」に使用されるJR北海道789系0番台電車(中村 昌寛/写真AC)
特急「ライラック旭山動物園号」に使用されるJR北海道789系0番台電車(中村 昌寛/写真AC)

5月1日(土)〜8月29日(日)の土・日・祝日に運転が計画されていた「ライラック旭山動物園号」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により5月15日(土)運転分から車内サービスが見合わされています。加えて、利用者が減少しているとし、7月17日(土)以降の17日間についてはすべて運転が取り止められます。

7月11日(日)までは運転が継続されますが、1号車での記念撮影サービス(記念撮影シートの設置および着ぐるみスタッフの乗車)、乗車証明証の配布および各種プレゼント企画(上り列車限定プレゼントおよびSNSプレゼントキャンペーン)はいずれも行われません。

【時刻表で解説】JR北海道 特急「ライラック旭山動物園号」

なお、「ライラック旭山動物園号」の運転が取り止められる日は、同時刻で「ライラック5号」「同38号」が運転されます。指定席は通常どおり、乗車日の1か月前の午前10時から発売されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉