京急「みさきまぐろきっぷ」のデジタル版が登場 ただしiOS限定 観光型MaaS実証実験

京浜急行電鉄(京急電鉄)の企画乗車券「みさきまぐろきっぷ」がデジタル化され、スマートフォンで購入・利用できるようになります。

三崎港バス停付近から眺める三崎漁港(sachicooo/写真AC)
三崎港バス停付近から眺める三崎漁港(sachicooo/写真AC)

京急電鉄と京浜急行バス(京急バス)、NTTドコモ(東京都千代田区)は協働で、横須賀市・三浦市エリアにおいて混雑や密を避けた新しい旅行体験を提供する目的で、「観光型MaaS(Mobility as a Service)」の実証実験を行います。実施期間は2021年6月22日(火)〜7月21日(水)です。

この実証のために提供されるiOS対応スマートフォンアプリ「みうらよこすかMaaS」の中で、電子チケット「デジタルみさきまぐろきっぷ」が発売されます。きっぷには、品川駅から三崎口駅までの京急線往復乗車券、京浜急行バスの指定区間フリー乗車券、厳選店舗で特別メニューのお食事券として使える「まぐろまんぷく券」、日帰り入浴やレジャー施設、お土産店などで使える「三浦・三崎おもひで券」が含まれます。デジタル版は品川駅発のみの設定となり、発売金額は大人3,570円、小児2,580円で紙券と同じです。決済方法はクレジットカードのみとなります。

対象の駅、店舗および施設には、「まぐろのマーク」のNFC(近距離無線通信)カードが設置されています。アプリ「みうらよこすかMaaS」で「デジタルみさきまぐろきっぷ」のチケットを表示し、スマートフォンをかざすだけで電車の乗り降りやお食事券、施設利用券を非接触で利用することができます。三浦・三崎エリアだけでなく、横須賀エリアにも立ち寄ってもらう施策として、横須賀中央・観音崎・浦賀にある協力店舗でチケットを提示すると、割引やサービスが受けられるデジタル版ならではの特典も付いています。

アプリでは鉄道、路線バス、シェアサイクル、カーシェア、タクシーなど、多様な交通手段に対応した経路検索・予約機能や旅行プラン作成機能、観光マップなどが提供されます。レコメンド機能は、約130箇所の登録スポットの中から、行動履歴や時間・天気などの情報に合わせた「あなたへのおすすめスポット」を配信します。アプリには「みさきまぐろきっぷ」対象施設の混雑情報へのリンクもあり、密を回避しながら安心して周遊することができます。

【図表で解説】京急電鉄・京急バス・NTTドコモ 「みうらよこすかMaaS」実証実験

観光型MaaS実証実験にあわせ、京急電鉄と京急バス、日本電気(NEC、東京都港区)、Localist(横浜市)が連携し、バス車内の混雑状況を可視化する実証実験を行います。GPSを利用した京急バス「三崎口駅〜三崎港間」のバス位置情報と、Wi-Fiセンシング技術を活用した車内混雑度をリアルタイムに確認することができます。バス混雑状況は専用Webサイトのほか、「みうらよこすかMaaS」アプリからもアクセスすることができます。

京急グループは、新しい生活様式にあわせた安心・安全かつ魅力的な旅行スタイルを提供し、より一層の地域活性化に取組みたいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉