鹿児島市電にスマホで乗り降り「24時間乗車券」 市バスも乗り放題 飲食店の特典も追加

鹿児島市交通局は、モバイル限定のおトクなチケット「市電・市バス・シティビュー24時間乗車券」を発売開始しました。

鹿児島中央駅前停留所付近を走行する鹿児島市電7500形電車(Kuwa。/写真AC)
鹿児島中央駅前停留所付近を走行する鹿児島市電7500形電車(Kuwa。/写真AC)

2021年8月1日(日)から、ジョルダン(東京都新宿区)が運営するスマートフォンアプリ「乗換案内」上でモバイルチケットとして発売されています(詳細は下表を参照)。利用開始から24時間有効なので、宿泊を伴う観光や出張などでの利用に便利です。市電(観光レトロ電車を含む)、市バスが何度でも自由に乗り降りできます。「城山」「仙巌園」「かごしま水族館」など、市内の主要観光スポットを周回する観光路線バス「カゴシマシティビュー」も乗り放題です。「サクラジマアイランドビュー」や定期観光バス、民間事業者の路線バス(「まち巡りバス」など)は利用できません。

おねだんは大人800円、小児400円です。チケット購入時の支払い方法はクレジットカード、PayPay、銀聯カード、ALIPAY、ジョルダンチケットコードのいずれかとなります。市電・バスの降車時に運転士にチケット画面を提示して利用します。

乗車日当日のみ有効で日帰り観光に最適な「市電・市バス・シティビュー一日乗車券」(大人600円、小児300円)も引き続き発売されます。一日乗車券は「乗換案内」で購入できるモバイル版のほか、紙のきっぷとしても発売されています。紙券の発売箇所は、交通局の各乗車券発売所、市電・市バス・カゴシマシティビュー車内、鹿児島中央駅総合観光案内所および乗車券を取り扱っているホテル・店舗・郵便局などです。

【図表で解説】鹿児島市交通局 「24時間乗車券」発売開始

一日乗車券および24時間乗車券共通で、観光施設の入館料等が割引になる特典が用意されています。紙券を利用の場合は「観光施設入館料等割引パスポート」、モバイルチケットの場合は「優待特典クーポン」を窓口等で提示すると割引が受けられます。

さらに、8月1日(日)からは上記に加え、飲食店や土産店など、市内のタイアップ店で特典が受けられるサービスが開始しました。紙の乗車券またはモバイル版の「優待特典クーポン」をお店で提示すると、例えば「ソフトドリンク1杯サービス」といった各店独自の特典を受けることができます。タイアップ店舗は天文館や鹿児島中央駅周辺などにある36店舗で、場所や特典内容など詳細は鹿児島市交通局の公式サイトに掲載されているガイドマップで確認することができます。

なお、いずれの特典も乗車日(一日乗車券はその翌日まで)のみ有効です。また、特典の利用は1施設につき1回までで、他の割引制度との重複利用はできません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉