京阪 新型コロナによる土休日臨時ダイヤを23日で終了 25日からはダイヤ変更で終日減便

京阪電気鉄道は、土曜・日曜・祝日に実施している臨時ダイヤを2021年9月23日(木・祝)をもって終了します。

京阪本線中書島駅に到着する京阪13000系電車(ジュンP/写真AC)
京阪本線中書島駅に到着する京阪13000系電車(ジュンP/写真AC)

新型コロナウイルス感染症拡大による利用状況を踏まえ、京阪線・大津線では8月28日(土)以降、土休日に運転本数を減らした臨時ダイヤが実施されています(詳細は下表を参照)。この臨時ダイヤは9月23日(木・祝)までの実施となります。なお、臨時ダイヤ実施の土休日に休止していたプレミアムカーサービスについては9月25日(土)から再開します。

また、京阪線における最終列車の運転時刻繰り上げについては先日の発表の通り、9月24日(金)をもって終了となります。

【図表で解説】京阪 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時ダイヤ

京阪線・大津線では9月25日(土)にダイヤ変更が実施されます。京阪線では全時間帯とも利用状況に応じたダイヤに見直され、1日あたりの運転本数が平日ダイヤで約15%、土休日ダイヤで約20%減少します。併せて、最終列車の時刻が20分程度繰り上げられます。大津線では石山坂本線で昼間時間帯の一部列車の運転区間が短縮するほか、沿線の学校が休みとなる春季・夏季・冬季の平日において「学休期ダイヤ」が実施されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉