「もみじのトンネル」徐行運転 ライトアップ時は消灯 紅葉楽しむ「秋ダイヤ」叡山電鉄

叡山電鉄は、紅葉の見頃を迎える2021年11月6日(土)〜28日(日)の期間に「秋ダイヤ」を実施します。

叡山電鉄900系電車「きらら」(i_moppet/shutterstock.com)
叡山電鉄900系電車「きらら」(i_moppet/shutterstock.com)

秋ダイヤでは、市原駅〜二ノ瀬駅間の約250mの区間がおよそ280本のモミジに囲まれる通称「もみじのトンネル」において徐行運転が行われます。2020年シーズンは土砂災害に伴い市原駅〜鞍馬駅間が不通となっていたため、2年ぶりの実施となります。

「ザ ロイヤルパークホテル 京都四条」の宿泊料金をチェック(提供: Agoda)

また、秋ダイヤ期間に貴船地区で開催される「京の奥座敷・貴船もみじ灯篭」に合わせ、日没から21時頃まで「もみじのトンネル」のライトアップが実施されます。ライトアップ中に同区間を通過する列車は車内の明かりが消されゆっくりと走ります。この時間帯には展望列車「きらら」で運転する列車の本数が通常より増やされます。

期間別では、11月13日(土)〜28日(日)の土曜・休日は「紅葉休日ダイヤ」が実施され、10時〜17時台の鞍馬線が13分間隔(通常は15分間隔)の運転となるなど、朝・夜時間帯を除き叡山本線・鞍馬線とも運転時刻が変更されます。11月8日(月)〜26日(金)の平日はおおむね通常の「平日ダイヤ」ですが、出町柳駅発・市原駅行の1本が鞍馬駅行に延長運転されるほか、市原駅発・出町柳駅行の1本が鞍馬駅始発に変更されます。11月6日(土)・7日(日)は通常の「土曜・休日ダイヤ」です。

いずれのダイヤ実施日も、一部時間帯を除いて「もみじのトンネル」の徐行運転とライトアップ時の消灯が行われます(各ダイヤの詳細は下表を参照)。

【時刻表で解説】叡山電鉄 紅葉シーズンに合わせ「秋ダイヤ」

秋ダイヤ期間の詳しい時刻表は叡山電鉄公式サイトに掲載されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉