奥羽本線 新庄〜湯沢間で8本運休 代行輸送なし 15年がかりで昼間に設備工事 JR東日本

JR東日本は奥羽本線で設備強化工事を実施するため、新庄駅〜湯沢駅間で昼間時間帯の列車を運休します。

奥羽本線横堀駅に到着するJR東日本701系電車(minoltah/写真AC)
奥羽本線横堀駅に到着するJR東日本701系電車(minoltah/写真AC)

実施日は2021年11月9日(火)〜12日(金)・16日(火)〜19日(金)の計8日間で、故障頻度の削減と省メンテナンス化のため、線路の木製マクラギをコンクリート製のものに交換する作業が実施されます。工事時間帯には上下計8本(下り・上りとも各4本)の列車が新庄駅〜湯沢駅間で区間運休します(運転時刻は下表を参照)。

旅行のおともに冊子時刻表を 「JR時刻表」「JTB時刻表」の最新号をチェック(提供: Amazon)

なお、運休に伴う代行輸送は行われません。

【時刻表で解説】JR東日本 奥羽本線 新庄〜湯沢間で設備強化工事 一部列車を運休

JR東日本は、奥羽本線で今後も約15年にわたり、新庄駅〜秋田駅間で設備強化工事の実施を予定しています。主に夜間を中心に実施してきた工事を昼間にも行うことにより作業のスピードアップを図り、さらなる安全・安定輸送の確保に努めるとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉