大阪モノレール 休日ダイヤを10分→12分間隔に変更 夕方の千里中央折り返し列車は廃止

大阪モノレールは、2021年12月11日(土)始発から土日祝日に適用する「休日ダイヤ」を変更し、利用状況の変化に対応します。

万博記念公園駅を発車する大阪モノレール1000系電車(ヒゲオヤジ/写真AC)
万博記念公園駅を発車する大阪モノレール1000系電車(ヒゲオヤジ/写真AC)

本線(大阪空港駅〜門真市駅間)の休日ダイヤでは、利用が減少しているおおむね11時〜21時台の時間帯において、運転間隔が10分から12分に拡げられます。併せて、夕方時間帯(16時〜18時台)に設定されている、千里中央駅〜門真市駅間の区間運転列車はすべて廃止されます。なお、この区間運転列車は新型コロナウイルス感染拡大を受けた減便に伴い5月15日(土)以降、現在も運転が取り止められています。

「大江戸温泉物語 箕面温泉スパガーデン」優れた泉質の美肌の湯 日帰り利用プラン(提供: じゃらん)

彩都線(万博記念公園駅〜彩都西駅間)も本線のダイヤ変更に合わせ、休日ダイヤのおおむね11時〜21時台が12分間隔に揃えられます。おおむね11時台と15時〜21時台では現行ダイヤの10分間隔から減便となりますが、12時〜14時台は現在20分間隔で運転されているため、変更後は運転本数が増えて利便性が向上します(詳細と時刻表の抜粋は下表を参照)。

【時刻表で解説】大阪モノレール 2021年12月11日(土)から土休日ダイヤ変更

始発列車および最終列車の時刻に変更はありません。また、平日ダイヤに変更はありません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉