石川県内のバス ほぼ全線乗り放題のフリーきっぷ 北陸鉄道・のと鉄道線も 1日券3,000円

(2021年11月19日) 図表の発売箇所を一部訂正しました。

北陸鉄道は、西日本JRバス・のと鉄道と連携し、石川県内全域のバス・鉄道で利用できるフリー乗車券「いしかわまるごと!! おでかけきっぷ」を発売します。

北鉄金沢バスの路線バス車両(SONIC BLOOMING/Wikipedia, CC 表示-継承 4.0)
北鉄金沢バスの路線バス車両(SONIC BLOOMING/Wikipedia, CC 表示-継承 4.0)

北陸鉄道によると例年、冬期は利用客数が落ち込むとのことで、観光利用を促進するために2021年12月1日(水)〜2022年3月31日(木)の期間限定で発売されます。

最上階大浴場&サウナ ドーミーインチェーン「天然温泉加賀の宝泉 御宿 野乃 金沢」(提供: じゃらん)

利用可能な鉄道路線は、北陸鉄道石川線・浅野川線およびのと鉄道の全線(七尾駅〜穴水駅間)です。のと鉄道では、乗車整理券(500円)を別途購入することで観光列車「のと里山里海号」(要予約)に乗車することもできます。

県内ほぼすべてのバス路線も乗り放題となります。北陸鉄道グループの路線バス全線、「城下まち金沢周遊バス」、小松空港リムジンバスおよび、県内特急・急行バス全線(輪島特急線、珠洲特急線、珠洲宇出津特急線、富来急行線、加賀ゆのさと特急)に何度でも乗り降りできます。また、西日本JRバスの金沢営業所が運行する路線バス(東原〜福光駅間および「まちバス」を除く)および、金沢駅〜和倉温泉駅間の高速バスも乗降可能です。

なお、上記に記載のない鉄道路線(JR西日本、IRいしかわ鉄道)およびバス路線(「金沢ライトアップバス」、県外高速バス、定期観光バス、加越能バス、能登島交通、各市町コミュニティバスなど)では利用できません。

押印された日付に限り有効の「1日券」(大人3,000円・小児1,500円)と、連続する2日間有効でさらにおトクな「2日券」(大人4,000円・小児2,000円)の2種類が発売されます。発売箇所は北鉄駅前センター、北鉄金沢バス片町サービスセンターをはじめとする北陸鉄道グループの主なバス窓口です。

【路線図で解説】北陸鉄道 「いしかわまるごと!! おでかけきっぷ」

北陸鉄道は、新型コロナウイルス感染症をきっかけに需要が高まるマイクロツーリズムにも、便利なフリー乗車券をぜひ利用してほしいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉