東京メトロ 終夜運転は銀座線の浅草〜上野間のみ 規模を大幅縮小 一部で終電繰り下げも

東京メトロは、2021年度大晦日から元日にかけて一部の区間で終夜運転ならびに終電の繰り下げをを実施します。

東京メトロ銀座線上野駅ホーム(kiss x7/写真AC)
東京メトロ銀座線上野駅ホーム(kiss x7/写真AC)

今回、終夜運転を行う区間は銀座線の浅草駅〜上野駅間のみです。2021年12月31日(金)大晦日の終電後から2022年1月1日(土・祝)元日の始発まで、15分間隔で列車が運転されます。また、上野駅〜渋谷駅間では渋谷駅方面で約1時間、浅草駅方面で約1時間30分の終電繰り下げが実施されます。

丸の内発~東京都心・ベイエリア周遊 2階建てオープンバス「スカイバス」でTOKYOをお手軽に観光(提供: じゃらん)

また、丸ノ内線の池袋駅〜銀座駅間では銀座駅方面で約2時間20分、池袋駅方面で約2時間終電が繰り下げられます。

その他の路線・区間では終夜運転や終電繰り下げの実施予定はなく、通常の終電時刻までの運転となります。新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった2020年度を除き、例年は全線で終夜運転が行われてきましたが、2021年度は大幅に規模を縮小しての実施となります。また、元日早朝に千代田線・小田急線直通で運転されていた臨時の特急ロマンスカー「メトロニューイヤー号」の設定もありません。

また、今後の新型コロナウイルスの状況等により終夜運転・終電繰り下げを中止する場合があるとしています。

【路線図で解説】東京メトロ 2021〜2022年末年始の運転ダイヤ

なお、東京メトロ各線は年末年始の2021年12月30日(木)〜2022年1月3日(月)については土・休日ダイヤで運転します。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉