Luup 60分間何度でも0円「乗り放題ウィーク」 電動キックボード・小型自転車全ポート

Luup(東京都渋谷区)は、1回あたり60分以内なら電動マイクロモビリティに何度でも無料で乗ることができる「乗り放題ウィーク」を開催します。

新宿駅西口エリアにある「LUUP」ポート(Katsumi/TOKYO STUDIO)
新宿駅西口エリアにある「LUUP」ポート(Katsumi/TOKYO STUDIO)

電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービス「LUUP」は、2022年1月24日(月)に10か所目の展開エリアとなる「東京湾岸エリア(豊洲・お台場・月島・勝どき)」でサービスを提供開始しました。これを記念し、Luupが展開している東京・大阪・京都・横浜の全エリアで「乗り放題ウィーク」を開催します。

キャンペーン期間は2022年1月28日(金)〜2月6日(日)の10日間です。通常料金は初乗り10分110円、その後1分ごとに16.5円加算されますが、期間中は60分以内のライドが全て無料になります。スマートフォンアプリ「LUUP」をダウンロードし、ユーザー登録後に通常通りライドを開始することで自動的に60分間無料が適用されます。なお、60分を超えたライドに対しては通常料金(16.5円/分)が課金されます(詳細は下表を参照)。

【図表で解説】Luup 60分間何度でも無料で乗れる「乗り放題ウィーク」

Luupは、保安基準を満たさない違法な電動キックボードが公道を走行している例や、それに伴う事故の発生など、社会全体の交通ルールの認知が十分とは言えない状況であるとしています。今回のキャンペーンを機に電動キックボードの正しい走行ルールを周知するため、主要ポートにスタッフを配置し、交通ルールや利用方法をまとめたガイドブックの配布や乗り方レクチャーなど啓発活動を行うとのことです(詳細は上表を参照)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉