大阪モノレール「モバイルチケット」通年発売へ スマホで乗り放題 休日用と平日昼間用

大阪モノレールは、スマートフォン一つで乗車券の購入や利用ができる「モバイルチケット」を2022年4月28日(木)から発売します。

万博記念公園駅に到着する大阪モノレール3000系電車(EVG386/写真AC)
万博記念公園駅に到着する大阪モノレール3000系電車(EVG386/写真AC)

土曜・休日に1日中利用できる「休日満喫1DAYモバイルチケット」(大人700円・小児300円)と、平日の10時〜16時に限り利用できる「オフピークモバイルチケット」(大人のみ600円)の2種類が発売されます。いずれも大阪モノレール全線が乗り放題となります。

ジョルダン(東京都新宿区)のスマートフォンアプリ「乗換案内」からクレジットカード等により購入できます。利用時は係員窓口に設置されている認証機にチケット画面のQRコードをかざすことで乗り降りできます。

大阪モノレールとジョルダンは2022年11月〜2022年2月まで、同じ2券種によるモバイルチケットの実証実験を行いました。この結果、短期間にもかかわらず約5,000枚という多くの利用があったことから今回、通年での発売が決まりました。モバイルチケットの利用により人との接触機会が最小限に抑えられ、新型コロナウイルス感染症対策にもなるとのことです。

【路線図で解説】大阪モノレール モバイルチケット2種類の通年発売を開始

一方、従来の磁気乗車券による「モノレール沿線ぶらり1dayチケット」については、2022年度は毎週第3土曜日のみの発売・利用となります(大人700円・小児300円)。「高齢者運転免許自主返納サポート制度」に協力しており、運転経歴証明書をお持ちで大阪府内に在住する65歳以上の方は、発売金額から100円割引となります。また、沿線施設での提示により割引などを受けられる特典も用意されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉