相鉄線で初の「ミステリートレイン」8日出発 普段は通らない特別行路 車両もお楽しみ

相模鉄道(相鉄)は、どの車両でどこに行くのか乗るまでわからない「相鉄線ミステリートレイン」を2022年5月8日(日)に運行します。

相鉄11000系電車(DAH/写真AC)
相鉄11000系電車(DAH/写真AC)

当日はかしわ台駅4番ホームを出発し、普段は乗車することができない特別な行路を走行して同駅まで戻ってきます。どの車両に乗車できるかも当日のお楽しみとなります(相鉄線路線図は下図を参照)。

計3便の運行で各便170組、1組あたり大人・小児合わせて最大4名まで参加可能です(最大2,040名)。LINE公式アカウントを利用した事前抽選にチャレンジし、当選した方は当日、相鉄線各駅の券売機で磁気券の「相鉄・鉄道全線1日乗車券」(大人740円・小児260円)を購入することにより参加できます。抽選画面は2022年5月2日(月)9:00から操作が可能で、当選者が上限に達した場合は受付終了となります。

【路線図で解説】相鉄 「相鉄線ミステリートレイン」初運行

相鉄がミステリートレインを企画するのは今回が初めてです。ワクワク感やドキドキ感を楽しんでもらうとともに、普段とは違う車窓からの眺めを通して、相鉄線と沿線の魅力を再発見してもらいたいとコメントしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉