お台場で“たこ焼き”それとも“ホテルレストラン”? お食事券付き乗車券 東急から期間限定

東急電鉄は、東急線沿線からお台場エリアへのお出かけに便利なお食事券付き電子乗車券「お台場カジュアルパス」「お台場プレミアムパス」を期間限定で発売します。

大井町線で運行している東急6000系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
大井町線で運行している東急6000系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

「カジュアルパス」はたこ焼き

RYDE(本社:東京都渋谷区)との連携により、全国のデジタル化された乗車券を取り扱うスマートフォンアプリ「RYDE PASS」で2022年7月29日(金)から発売されます。東急線全線(こどもの国線・世田谷線を含む)と東京臨海高速鉄道りんかい線(大崎駅を除く)が乗り放題の1日乗車券と、お台場エリアの対象店舗で利用できるお食事券がセットになっています。

「お台場カジュアルパス」(大人用のみ2,200円)のお食事券は、デックス東京ビーチ内にある「たこ焼きミュージアム」の5店舗で利用できます。たこ焼き発祥の店や行列のできる人気店などが集結しており、おつまみやお酒も楽しめるとのことです(利用可能区間の路線図、対象店舗など詳細は下の図表を参照)。

【路線図で解説】東急 電子乗車券「お台場カジュアルパス」「お台場プレミアムパス」期間限定発売

「プレミアムパス」は一流ホテル

一方の「お台場プレミアムパス」(同5,200円)のお食事券は、「ヒルトン東京お台場」「グランドニッコー東京 台場」の2つのホテル内にある計5店舗の飲食店で利用可能です。お台場ならではのウォーターフロントの景観を眺めながら、ランチやティータイムを贅沢に楽しむことができます。なお、当日の混雑状況により入店できない場合もあるので、あらかじめ店舗に予約することが推奨されています。

RYDEは、今回の連携開始を通して新規需要の掘り起こしや窓口業務の効率化を推進するほか、今後はデジタル化によって取得可能になるデータを活用し、プロモーションや地域活性化につながる施策を実施していきたいとコメントしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉