姫路行終電23分繰り上げ 山陽電車12月ダイヤ改正 “沿線企業の勤務時間変化”受け増発も

山陽電気鉄道は、2022年12月17日(土)に全線でダイヤ改正を実施し、早朝・夕ラッシュ時間帯の列車増発や最終列車の繰り上げなどを実施します。

山陽電気鉄道6000系電車(たろとれ/写真AC)
山陽電気鉄道6000系電車(たろとれ/写真AC)

夕ラッシュにS特急増発

今回の改正では、早朝時間帯に下り特急列車、平日の夕ラッシュ時間帯に上り「S特急」列車がそれぞれ増発されるほか、社会情勢に合わせた運行パターンの変更により通勤の利便性向上が図られます。利用率が低下している深夜時間帯については、最終列車の繰り上げにより合理化が図られる一方、上り方面のダイヤ調整により最終連絡が繰り下げとなる区間もあります。

早朝に増発されるのは、東二見駅5:29発の山陽姫路駅行(5:53着)特急です。現行ダイヤで最初の下り特急は東二見駅5:44発なので、15分早い時間帯に追加設定されます。大塩駅で普通列車と接続し、東二見駅〜大塩駅間の各駅から山陽姫路駅方面への早朝移動が速達化します。

また、平日の夕ラッシュ時間帯には現在、高砂駅発・阪神神戸三宮駅行の上りS特急が1本のみ運転していますが、2本増発されてS特急は3本体制となります。沿線企業の勤務時間帯が変化していることに伴い、増発列車は現行(高砂駅17:29発)よりも早い時間帯に設定されます(ダイヤ改正の変更点、最終列車の時刻など詳細は下の図表を参照)。

【時刻表で解説】山陽電気鉄道 2022年12月17日(土) ダイヤ改正

最終連絡繰り下げで利便性向上も

夕ラッシュ時のもう一つの変更点は、直通特急の停車駅です。現行ダイヤの直通特急は17:30〜21:00の間、通常の停車駅に加えて荒井駅と白浜の宮駅にも停車していますが、こちらも帰宅時間帯が早まっていることに対応し、停車時間帯が30分前倒しの17:00〜20:30へと改められます。なお、朝ラッシュ時における停車時間帯は現行ダイヤから変わらず、平日は7:00〜9:00、土休日は7:30〜9:00の間、荒井、白浜の宮の両駅に停車します。

【楽しい関西パス】お得な価格で関西人気のグルメ、観光スポット入場券等3つまで利用・交換可能 | あべのハルカス300・神戸布引ハーブ園・京都鉄道博物館など (提供:KKday)

新型コロナウイルス感染症の影響により利用が減少した深夜時間帯は、上下列車ともに終電時刻が見直されます。下り方面では、新開地駅から山陽姫路駅までの終電が現行の23:38発から改正後は23:15発となり、23分繰り上がります。山陽姫路駅発の上り飾磨駅行終電は6分繰り上げの0:24発となるほか、網干線から本線への最終接続列車も一部、繰り上げとなります。

一方で、上り方面の最終連絡繰り下げで便利になる区間もあります。現行では山陽姫路駅23:01発、阪神尼崎駅行の直通特急が大塩駅で東須磨駅行の普通列車に連絡していますが、このあとの列車は東二見駅止まりとなっています。改正後は、山陽姫路駅23:17発、東二見駅の特急に乗車すると、東二見駅で最終の東須磨駅行普通に乗り換えできるように改善されます。これにより、姫路・飾磨・網干方面から明石・須磨方面への最終連絡が16分繰り下がります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉