まず田園都市線に クレジットカード対応改札機 東急が実証実験 直接乗れるのではなく…

東急電鉄は田園都市線のすべての駅で、「クレジットカードのタッチ機能」と「QRコード」を活用した乗車サービスの実証実験を2023年8月30日(水)から開始します。

田園都市線などで運行している東急2020系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
田園都市線などで運行している東急2020系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

事前にデジタル版「ワンデーパス」の購入が必要

ニーズや時代の変化に合わせて柔軟に、スピード感をもって多様な乗車サービスを提供することを目的に実施されます。すでに多くの利用がある交通系ICカードを主軸としつつ、使い慣れたスマートフォンやクレジットカードで完結する乗車環境を整えて多様なライフスタイルへの対応を目指します。

同日オープンするデジタルチケットサービス「Q SKIP」の販売サイトにスマートフォンなどでアクセスし、クレジットカードを使用して乗車券をあらかじめ購入します。駅では、購入の際に使用した「タッチ機能に対応したクレジットカード」または「スマートフォン画面のQRコード」を対応改札機の読み取り部にかざすことで入出場が可能になります。

購入できる乗車券はすべて1日乗り放題タイプで、「田園都市線・世田谷線 ワンデーパス」(680円)、「田園都市線・世田谷線・東急バス ワンデーパス」(1,000円)、「世田谷線散策きっぷ」(380円)の3種類です。

「Q SKIP」の名称には、「スキップするように東急沿線を楽しんでいただきたい」との思いを込めたそうです。グループ中核会社の東急によるデジタル開発の特別組織「URBAN HACKS」が販売サイトの構築を担当しました。実証実験には三井住友カード(本社:東京都江東区)、ジェーシービー(本社:東京都港区)、日本信号(本社:東京都千代田区)、QUADRAC(本社:東京都港区)も参画しています。

(「Q SKIP」による乗車サービスの利用フロー、乗車券の種類、改札機の整備予定など詳細は下の図表を参照)

【図表で解説】「Q SKIP」による乗車サービスの利用フロー、乗車券の種類、改札機の整備予定

江ノ電の「タッチ決済」とは違うの?

クレジットカードのタッチ機能とQRコードに対応した改札機は、田園都市線全駅の各改札に1台設置されます。今後も段階的に整備され、2024年春までに東急新横浜線の新横浜駅を除く東急線全駅への設置が予定されています。残る新横浜駅も2024年度中に対応する予定です。

「Q SKIP」で取り扱うサービスも拡充予定で、2023年冬以降に「東急線ワンデーパス」をはじめとする企画乗車券や、沿線のお出かけ施設や東急グループ各施設と連携した乗車券が追加されます。2024年度には、有料座席指定サービス「Q SEAT」の座席指定券も購入できるようになる予定です。

首都圏の鉄道では江ノ島電鉄が先陣を切り、クレジットカードのタッチ決済を活用して乗車区間の運賃をその都度決済する仕組みを2023年4月に導入しました。今回の東急の実証実験は利用フローが異なり、あくまで乗車前にデジタル乗車券を購入することが前提です。東京メトロが2024年度中に開始を予定している実証実験も東急と同様のサービスになる見込みです。

東急もこの点は認識しており、沿線の居住者だけでなく、インバウンドの回復で増加する訪日旅行者への対応の観点からも、シームレスで柔軟な乗車の実現が求められていると言います。タッチ決済対応クレジットカードを使用した後払い乗車サービスについては、2024年春以降の導入に向けて検討していくとのことです。

【東急電鉄】横濱中華街 旅グルメきっぷ(電子乗車券)【かながわ鉄道割対象】
実券と交換不要の電子乗車券「横濱中華街 旅グルメきっぷ」は、Klook限定販売!横浜中華街やみなとみらいの対象店舗で使えるお食事券付き。
ご利用にはKlookアプリをダウンロードできるスマートフォンが必要です。
チケットを購入 (提供:Klook)