京急は大晦日の終夜運転実施 元日の早朝は三崎口行特急を増発

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

追記: 終夜運転の取り止めが発表されました。(2020年12月18日(金)更新)

京浜急行電鉄は、2020年12月31日(木)大晦日から2021年1月1日(金・祝)元日にかけての終夜運転と、年末年始の特別ダイヤ実施について発表しました。

京急大師線を走る1500形電車
京急大師線を走る1500形電車

大晦日終夜運転を実施する区間は、京急本線の泉岳寺駅〜横浜駅間と大師線で、普通のみの運転です。横浜駅以南の区間では例年、大晦日「終電の繰り下げ」や元日「初電の繰り上げ」が行われていましたが、今年度は実施されません。なお京急では、今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況により、終夜運転の中止や運転区間の変更が行われる場合もあるとしています。

元日の早朝には、品川駅発(5:00)、三崎口行の特急が増発されます。例年は都営浅草線浅草橋駅発と品川駅発の2本が設定され、「初日号」のヘッドマークが掲出されていましたが、2021年は左記の1本のみで、ヘッドマークの掲出も行われないということです。

京急は大晦日の終夜運転実施 元日の早朝は三崎口行特急を増発

年末年始の12月30日(水)〜1月3日(日)までは土休日ダイヤで運転されますが、この期間中は座席指定サービス「ウィング・シート」は休止となります。なお、1月1日(金・祝)〜1月3日(日)までの3が日については、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、午前中の一部列車を12両編成で運転するとしています。

新年の川崎大師参拝への利便性を図るため、大師線では列車本数を増発する「臨時ダイヤ」が実施され、日中は6分間隔で運転されます。「臨時ダイヤ」で運転される期間は1月1日(金・祝)〜1月11日(月・祝)と1月16日(土)〜1月17日(日)です。

 

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉