【速報】JR西日本が大晦日深夜の臨時列車を取り止め 新型コロナ感染拡大

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

JR西日本は、2020年12月31日(木)大晦日の終電後に予定していた臨時列車の運転について、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を考慮し、運転を取り止めることを決定しました。

(イメージ)
(イメージ)

2020年大晦日は終夜運転を行わない代わりに、京阪神地区で終電後、元日の午前3時頃まで臨時列車を運転する計画を発表していました。しかし、その後も新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、特に大阪府では医療体制がひっ迫している状況となっていることから、方針を転換したものと見られます。

関西エリアでは、Osaka Metro(大阪メトロ)も予定していた大晦日終夜運転の中止を発表しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉