山陽本線・赤穂線の一部区間が3月13日から減便 JR西日本岡山エリアダイヤ改正

JR西日本の岡山エリアでは、2021年3月13日(土)のダイヤ改正により昼間時間帯の運転区間が縮小されます。

山陽本線などで運行されているJR西日本113系電車
山陽本線などで運行されているJR西日本113系電車

JR西日本が岡山エリア在来線のダイヤ改正について、概要を発表しました。

山陽本線と赤穂線では、昼間時間帯の一部の列車の運転区間が見直されます。山陽本線では和気駅〜岡山駅間の普通列車について、運転区間が瀬戸駅〜岡山駅間に見直されます。赤穂線では、長船駅〜岡山駅間の普通列車の運転区間が西大寺駅〜岡山駅間に縮小されます。

これにより、現行ダイヤでは1時間あたり2本の列車が運行されている和気駅〜瀬戸駅間および長船駅〜西大寺駅間は、ダイヤ改正後は1時間に1本の運行となります。

【図表で解説】山陽本線・赤穂線 昼間時間帯 運転パターン変更

山陽本線では、昼間から夜の時間帯に岡山駅〜福山駅間で運転されている快速「サンライナー」について、土休日の運転本数が現在の上下16本から改正後は上下3本に減便されます。

吉備線(桃太郎線)では、昼間から夕通勤・通学時間帯にかけて岡山駅の発車時刻と到着時刻がわかりやすくなります。14〜19時台の岡山駅発車時刻は、現行ダイヤではばらつきがありますが、3月13日(土)ダイヤ改正後は毎時22分・52分に統一され、おおむね30分間隔の運転となります。

【図表で解説】吉備線(桃太郎線) パターンダイヤ化

利用状況やメンテナンス作業の労働環境が考慮され、津山線の始発および最終列車の時刻が見直されます。津山駅発の岡山駅行始発列車は、津山駅の発車時刻が4:29から4:48に19分繰り下がります。これにより、岡山駅で接続する東京方面の新幹線は、現行よりも1本遅い「のぞみ86号」(岡山駅6:18発)に変更となります。また、岡山駅発最終列車の津山駅行は、岡山駅の発車時刻が14分繰り上がり23:06となります。

【図表で解説】津山線 始発・最終列車見直し

JR西日本によると、山陽本線・赤穂線・伯備線においても、3月13日(土)ダイヤ改正により最終列車の発車時刻が2〜3分繰り上がるとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉