隣の席を小児料金で購入してソーシャルディスタンス確保 東武特急で特例サービス

東武伊勢崎線の特急列車において、隣席の特急券を小児特急料金で同時購入できる特例サービスが実施されます。

特急「りょうもう」に使用される東武200系電車(写真AC/KUZUHA)
特急「りょうもう」に使用される東武200系電車(写真AC/KUZUHA)

ソーシャルディスタンスを確保し、隣席を気にせず特急列車を利用してもらうため、東武鉄道が期間限定で実施します。1名の特急券を購入する際、ソーシャルディスタンスの確保を希望する場合は隣席の特急券を同時に小児特急料金で購入できます。同時購入する小児特急券に対する乗車券等は不要です。なお、隣席が発売済みのときは購入することができません。

対象は伊勢崎線の特急「りょうもう」号および「リバティりょうもう」号のすべての列車で、全区間で利用可能です(料金表は下表を参照)。実施期間は2021年3月13日(土)〜4月25日(日)の土休日です。

【図表で解説】東武 隣席特急券を小児料金で発売

発売箇所は東武線の駅窓口(押上駅、渡瀬駅、治良門橋駅、板荷駅、野州大塚駅、東上線および無人駅を除く各駅)です。駅の券売機やチケットレスサービスではこの取り扱いは実施されません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉