「京王・東京メトロ・都営地下鉄パス」登場 京王電鉄から東京を遊び尽くせる乗車券

京王線・井の頭線沿線から都心へ、おトクにお出かけできる乗車券「京王・東京メトロ・都営地下鉄パス」が発売されます。

京王井の頭線1000系電車(写真AC/たろとれ)
京王井の頭線1000系電車(写真AC/たろとれ)

京王電鉄は、京王線・井の頭線各駅から新宿駅または渋谷駅までの往復割引乗車券と、「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」がセットになった「京王・東京メトロ・都営地下鉄パス」を2021年3月13日(土)から発売します。

発売箇所は京王線・井の頭線の各駅です(新宿駅・渋谷駅を除く)。券売機で「PASMO」に乗車券情報を搭載するIC乗車券として発売されます。利用できるのは、ICカードタイプの「PASMO」および「PASMO PASSPORT」(訪日外国人向けIC乗車券)です。なお、定期券として使用中のPASMOには搭載することができません。Suicaなど、PASMO以外のICカードも対象外となります。

東京メトロ線および都営地下鉄線は全線1日乗り放題となります。京王線・井の頭線は、発売駅から新宿駅または渋谷駅までの往復乗車ができますが、途中下車はできません。

各駅からのおねだんは、京王往復割引運賃(2割引)に、「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」の代金(大人900円、小児450円)を加えた金額となります。一例を挙げると、調布駅から1,290円、聖蹟桜ケ丘駅から1,420円、京王八王子駅から1,490円、橋本駅から1,520円、吉祥寺駅から1,220円などとなっています(いずれも大人用、小児用は半額、詳細は下表を参照)。

【図表で解説】「京王・東京メトロ・都営地下鉄パス」 3月13日発売開始

「京王・東京メトロ・都営地下鉄パス」の購入者特典として、地下鉄エリアの博物館、美術館、飲食店等270か所で割引やプレゼント等が受けられるサービス「ちかとく」が利用できます。対象施設や店舗でIC乗車券の券面を提示することにより特典を受けられます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉