井原鉄道10月ダイヤ改正 夜間に一部運転取り止め JR福塩線の減便に合わせ本数見直し

岡山県・広島県にまたがる第三セクター鉄道会社の井原鉄道は、2021年10月2日(土)にダイヤ改正を実施し、夜時間帯の運転本数と時刻を変更します。

井原鉄道IRT355形気動車(KUZUHA/写真AC)
井原鉄道IRT355形気動車(KUZUHA/写真AC)

同日に実施されるJR西日本のダイヤ見直しに合わせ、神辺駅での列車の接続を考慮したダイヤに見直されます。

JR福塩線では、福山駅21:52発(神辺駅22:04着)の下り府中駅行列車の運転が取り止められます。これに伴い、接続を受けなくなる井原線の神辺駅22:09発 早雲の里荏原駅行上り列車についても運転取り止めとなります。

下り列車では、現行ダイヤで総社駅20:34発の神辺駅行列車は、福塩線上り福山駅方面への接続がないため、利用が少ない井原駅〜神辺駅間の運転が取り止められ井原駅止まりとなります。また、総社駅21:25発の神辺駅行最終列車は井原駅で待ち合わせのため11分間停車していますが、ダイヤ改正後は停車時間が1分に短縮され、神辺駅の到着時刻が10分早まります。

【時刻表で解説】井原鉄道 2021年10月2日(土)ダイヤ改正

井原鉄道は、公式サイトの「大切なお知らせ」欄に改正後の時刻表を掲載しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉