広島県内乗り放題「ひろしま1デイきっぷ」継続発売 10月から300円値上げへ JR西日本

JR西日本は、広島県内の普通列車が乗り放題となる「ひろしま1デイきっぷ」を2021年10月以降も引き続き発売します。

山陽本線広島駅に停車中のJR西日本227系電車(KUZUHA/写真AC)
山陽本線広島駅に停車中のJR西日本227系電車(KUZUHA/写真AC)

広島県内のお出かけやマイクロツーリズムに便利でおトクなきっぷです。自由周遊区間は山陽本線(大門駅〜岩国駅間)、呉線(三原駅〜海田市駅間)、可部線(横川駅〜あき亀山駅間)、芸備線(東城駅〜広島駅間)、福塩線(福山駅〜塩町駅間)および木次線(備後落合駅〜油木駅間)で、普通列車(快速含む)が1日間乗り降り自由です(自由周遊区間の路線図は下図を参照)。

おねだんは大人2,500円・小児500円です。7月17日(土)〜9月26日(日)まで利用分の同商品と比べて大人用のみ300円値上げされます。

10月2日(土)〜12月26日(日)の間の土・日・祝日のみ利用できます。発売期間は9月24日(金)〜12月25日(土)で、利用日の1か月前から前日までの発売となります。JR西日本ネット予約「e5489」でのみ購入でき、主な駅のみどりの券売機・みどりの窓口などで乗車前にきっぷを受け取ってから利用します。

なお、観光列車「etSETOra(エトセトラ)」「ラ・マルしまなみ」を利用する場合は別途グリーン券の購入が必要です。また、新幹線(福山駅〜新岩国駅間)利用の場合は別途特急券が必要です。

【路線図で解説】JR西日本 「ひろしま1デイきっぷ」 2021年10月以降も継続発売

県内主要エリアの観光案内所などで「ひろしま1デイきっぷ」を提示すると、大人の方のみプレゼントなどの利用特典を受けられます。特典は沿線自治体が協賛しており、数に限りがあります。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため施設が臨時休業もしくは短縮営業している場合があるので、利用前に確認するよう呼びかけられてます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉