地震で脱線 日暮里・舎人ライナー全線運転見合わせ 乗客3人けが 運転再開見込み立たず

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

東京都交通局は、地震の影響により2021年10月8日(金)は始発から全線で運転を見合わせます。

日暮里・舎人ライナー300形電車(ぽせ〜どん/写真AC)
日暮里・舎人ライナー300形電車(ぽせ〜どん/写真AC)

10月7日(木)22:41頃、千葉県北西部を震源とするマグニチュード5.9、最大震度5強を観測する地震が発生しました。この地震の発生と同時に、舎人公園駅〜舎人駅間を走行中していた日暮里駅発・見沼代親水公園駅行列車の先頭車両が脱輪・脱線しました。この列車の乗客3名がけがをし、うち2名が救急搬送されました。

交通局が点検した結果、脱線により車両および走行に必要な地上設備の損傷を確認したとのことで、10月8日(金)は始発から全線で運転を見合わせるとしています。復旧には時間を要すると見込まれています。再開見込みなど運行情報についてはわかり次第告知するとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉