芸備線 中三田〜下深川間で昼間集中工事 代行バス運転 10月・11月の計8日間 JR西日本

JR西日本は、芸備線の中三田駅〜下深川駅間で昼間時間帯に集中工事を実施することに伴い、バスによる代行輸送を実施します。

芸備線中三田駅に停車中のキハ47形気動車(忍者くん/写真AC)
芸備線中三田駅に停車中のキハ47形気動車(忍者くん/写真AC)

工事日は2021年10月19日(火)〜22日(金)および11月9日(火)〜12日(金)の計8日間で、おおむね9時〜16時の7時間、中三田駅〜下深川駅間で上下計16本の列車の運転が取り止められます。運休区間では代行バスが運転されるほか、代行バスと列車との接続の関係で一部の列車の運転時刻が変更されます(列車と代行バスの運転時刻は下表を参照)。なお、広島駅10:05発 上り快速「みよしライナー」の代行となる下深川駅10:32発のバスは三次駅(11:53着)まで延長運転され、途中の志和口駅・向原駅・甲立駅に降車専用扱いで停車します。

代行バスは、事前に目的地までの乗車券類(定期券・回数券を含む)を購入した上で利用できます。駅によっては代行バスの乗降場所が駅から離れている場合もあります。

【時刻表で解説】JR西日本 芸備線 中三田〜下深川間で昼間時間帯に集中工事

今回の集中工事では、西日本豪雨に伴う災害復旧工事として道床の修繕が行われるほか、老朽化したマクラギをコンクリート製のものに取り替えるなど線路設備の改良工事も行われます。労働力人口の減少に伴い保守作業員の確保が困難になりつつある状況とのことで、効率的に保守工事を進めるために昼間時間帯に集中的に実施することにしたと説明しています。

また、今回の結果を踏まえ、芸備線の他の区間や他の路線においても集中工事の実施を検討するとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉