大雨被災の飯田線 運転再開見込みは11月下旬 伊那新町〜辰野間でバス代行輸送 JR東海

JR東海は、大雨の被災により運休している飯田線の伊那新町駅〜辰野駅間の運転再開見込みを発表しました。

飯田線沢渡駅を発車するJR東海313系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
飯田線沢渡駅を発車するJR東海313系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

8月の大雨の影響により、宮木駅〜辰野駅間にかかる横川橋梁で橋脚などに損傷が発生したことに伴い、伊那新町駅〜辰野駅間で列車の運転を見合わせ、バスによる代行輸送を実施しています(路線図は下図を参照)。

早期の運転再開に向けて復旧作業が行われており、現時点では11月中旬に全線で運転が再開すると見込まれています。なお、天候の状況等により運転再開時期は変更となる場合があります。具体的な運転再開日は決まり次第、告知するとのことです。

【路線図で解説】JR東海 飯田線 伊那新町〜辰野間 運転再開見込み

なお、現在実施中の代行バスの運転計画はJR東海公式サイトに掲載されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉