阪神 大阪梅田駅1番線が30日から新ホームに 可動式ホーム柵を新設 工事完成は2024年春

阪神電気鉄道は、大阪梅田駅の駅改良工事に伴い新しい1番線ホームを2021年10月30日(土)から使用開始します。

阪神9000系電車(ふじやん⭐︎/写真AC)
阪神9000系電車(ふじやん⭐︎/写真AC)

阪急電鉄と共同で手掛ける「梅田1丁目1番地計画」に基づき、大阪神ビルディング(阪神百貨店梅田本店)などの建て替えや周辺公共施設の整備を進めています。阪神大阪梅田駅の北側(地下1階)では、「東西地下道」を現在より幅の広い地下道につくり替えるための移設・拡幅工事を実施しています。これを機に、新しい地下道の直下(地下2階)にも構造物を一体的に構築し、このスペースを活用して駅空間を北側に拡大する改良工事が2015年3月から続けられています。

工事の進捗に伴い、現在の1番線降車ホームの北側につくられた新しい1番線が完成し、10月30日(土)始発から使用が開始されます。新1番線ホームは乗車・降車兼用で、ホームからの転落事故防止のため、国・大阪府・大阪市の補助により設置された可動式ホーム柵も同日から稼働します。現在の1番線は将来の2番線に転用されますが、改築や可動式ホーム柵の整備などを行うため一時的に閉鎖されます(駅改良工事のイメージ図は下図を参照)。

【図表で解説】阪神 大阪梅田駅改良工事 新1番線を使用開始

駅改良工事が完了する2024年春頃には、乗降車ホームの幅が現在よりも広げられるとともに、エレベーター・エスカレーターが新設されることにより西改札口側のバリアフリー化が実現します。また、各ホームに可動式ホーム柵が設けられ、より快適で、安心して利用できる駅に生まれ変わるとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉