ハウステンボス「九州一花火大会」お帰り臨時列車 11月20日 博多行特急4本など JR九州

JR九州は、ハウステンボス(長崎県佐世保市)で開催される「九州一花火大会」に合わせ、お帰りに便利な臨時列車を運転します。

ハウステンボス駅に停車中の特急「ハウステンボス」JR九州783系電車(funboxphoto/写真AC)
ハウステンボス駅に停車中の特急「ハウステンボス」JR九州783系電車(funboxphoto/写真AC)

第8回となる「九州一花火大会」は2021年11月20日(土)19:00から開催され、西日本最大級となる2万2千発の花火が打ち上げられます。2020年はコロナ禍で中止となったため2年ぶりの開催となります。九州の花火師11社が製造した花火や、「世界花火師競技会」の過去優勝チームによるエキシビションなどが予定されており、一定距離を保った完全指定席で観覧することができます。

打ち上げ終了の20:30を過ぎても余裕を持って帰宅できるよう、11月20日(土)のみの臨時列車が各方面へ運転されます。

博多駅行の特急「ハウステンボス」は、ハウステンボス駅から21:42・22:13・22:38・23:03発の4本臨時列車が設定されます。途中、早岐駅・有田駅・武雄温泉駅・肥前山口駅・佐賀駅・新鳥栖駅・鳥栖駅に停車します(主な駅の運転時刻は下表を参照)。指定席の発売は10月23日(土)10:00から開始しています。

【時刻表で解説】JR九州 ハウステンボス「九州一花火大会」に合わせ臨時列車を運転

そのほか、大村線の臨時普通列車として長崎駅行がハウステンボス駅23:04・23:56発の2本、佐世保駅行がハウステンボス駅21:36・23:24発の2本がそれぞれ運転されます(主な駅の運転時刻は上表を参照)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉