観光施設サブスク「はこチケ」で箱根が遊び放題 「箱根フリーパス」セット券も 小田急

箱根登山鉄道をはじめとする小田急箱根グループは、箱根エリアの人気観光施設が利用し放題のデジタルチケット「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」を期間限定で発売します。

箱根ガラスの森美術館(イメージ)(RERE0204/写真AC)
箱根ガラスの森美術館(イメージ)(RERE0204/写真AC)

「はこちけ」は、スマートフォン一つで箱根の美術館、温泉、アクティビティなど22の施設を有効期間中に何度でも利用できるサブスクリプションサービスです。一例を挙げると、日帰り温泉施設「箱根湯寮」の大浴場利用、「箱根小涌園ユネッサン」の水着エリア利用、「箱根ガラスの森美術館」「箱根園水族館」の入館、「箱根パターゴルフ」のコース利用・用品レンタルなどが含まれています(箱根エリアマップと利用可能施設一覧は下図を参照)。

2021年12月1日(水)〜2022年2月28日(月)の3か月間限定でデジタルチケットとして発売されます(駅や施設での発売は行われません)。2021年10月1日(金)にリニューアルしたWebサイト「箱根ナビ」「EMotオンラインチケット」のほか、MaaS(Mobility as a Service)アプリ「EMot」上でキャッシュレスにより購入できます。チケット使用画面から起動するカメラで施設ごとのQRコードを読み取り、スタッフに提示することにより非接触での利用が可能です。

チケットは2種類あり、交通機関が含まれない通常の「はこチケ」はクルマでの旅行中にも購入でき、お好きな観光ルートで巡ることができます。おねだん(大人用、小児用もあり、以下同じ)は有効期間別に、1日券5,500円、2日券7,300円、3日券9,800円となっています。

また、箱根エリアの多くの交通機関が乗り放題となる「箱根フリーパス」と旅行前にセット購入することで、別々に購入するよりさらにおトクになる「箱根フリーパス『はこチケ』プラス」も発売されます。フリー区間内(小田原駅・箱根湯本駅・御殿場駅・三島駅など)からの出発なら2日券11,000円、3日券13,400円です。小田急線各駅からの往復利用が含まれるチケットも発売され、新宿駅発の場合は2日券12,100円、3日券14,500円となっています(詳細は下表を参照)。なお、特急ロマンスカーの乗車には別途料金が必要です。

【路線図で解説】小田急箱根グループ 「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」 期間限定発売

小田急箱根グループは、箱根を代表する22施設との協力により新たな旅の楽しみ方を提案しながら、より快適で魅力的な「観光型MaaS」を実現していきたいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉