「ムーミンバレーパーク」へおトクに行ける乗車券 1デーパス+西武線1日乗り放題+バス

西武鉄道は、リニューアルする「ムーミンバレーパーク」(埼玉県飯能市)へおトクにお出かけできる企画乗車券を期間限定で発売します。

宮沢湖のほとりに広がるムーミンバレーパーク(oyaji2020/写真AC)
宮沢湖のほとりに広がるムーミンバレーパーク(oyaji2020/写真AC)

「ムーミンバレーパークおでかけパス」はパークの「1デーパス」に、西武線全線(多摩川線を除く)1日乗り放題の乗車券、飯能駅北口〜メッツァ間のバス往復乗車券が付いたおトクなセットです(利用可能な区間の路線図は下図を参照)。2021年12月10日(金)にパークがリニューアルオープンすることを記念し、運営会社のムーミン物語(飯能市)との協業で企画されました。バス区間はイーグルバス(埼玉県川越市)、国際興業(東京都中央区)、西武バス(埼玉県所沢市)の3社の路線が共通で利用できます。

自然豊かな森の中に張り巡らされたファンモック(Fun+mock)で遊ぼ!「PANZA宮沢湖(パンザ)」(提供: じゃらん)

2021年12月10日(金)〜2022年2月27日(日)の期間限定で西武線各駅の窓口で発売されます(小竹向原駅および多摩川線の各駅を除く)。おねだんは大人3,300円・小児2,000円です。2021年12月10日(金)に料金改定されるパークの1デーパス(中学生以上3,200円、4歳以上小学生以下2,000円)とほぼ同額で、それぞれ個別に購入するより大人は1,800円、小児も950円おトクになります。なお、購入日当日限り有効で、前売りは行われません。

【路線図で解説】西武 「ムーミンバレーパークおでかけパス」

ムーミンバレーパークは、ムーミン物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができるテーマパークで、埼玉県飯能市の宮沢湖のほとりに2019年3月に開園しました。ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、物語を追体験できるアトラクションなどでムーミンの仲間たちとの出会いと新たな発見を楽しむことができます。

リニューアル後はムーミンに会える機会が増えるほか、子どもと一緒に遊べて学べる「キッズスペース」や、ムーミン関連の書籍が揃う「ライブラリーカフェ」がオープンするなど施設やプログラムが充実します。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉