幻想的ライトアップ 秩父路「あしがくぼの氷柱」 特急12本 芦ケ久保駅に臨時停車 西武

西武鉄道は、埼玉県横瀬町で公開される「あしがくぼの氷柱(ひょうちゅう)」のシーズンに合わせ、土休日の特急電車を芦ケ久保駅に臨時停車します。

「あしがくぼの氷柱」のライトアップ(イメージ)(naleapt/写真AC)
「あしがくぼの氷柱」のライトアップ(イメージ)(naleapt/写真AC)

2022年1月8日(土)〜2月23日(水・祝)の土休日計17日間に運転する特急ラビュー「ちちぶ」のうち、上下各6本が対象です(運転日カレンダーと運転時刻は下表を参照)。特急電車は全車指定席のため、乗車の際には運賃のほかに特急券が必要です。芦ケ久保駅までの特急料金は、池袋駅から大人710円・小児360円、所沢駅から大人500円・小児250円などとなっています。特急券は西武線の特急券発売駅窓口およびチケットレスサービス「Smooz」インターネット予約サービスなどで乗車日の1か月前7:00から発売が開始されます。

いちご狩り30分食べ放題 高台にあるいちご農園 芦ケ久保駅から徒歩約15分「まるとみ農園」(提供: じゃらん)

「あしがくぼの氷柱」は、芦ケ久保駅から徒歩10分の兵ノ沢(ひょうのさわ)地域で2022年1月8日(土)〜2月23日(水・祝)に公開されます。山の斜面を利用し、地元の方たちが沢の水をまいてつくり出す幅200m・高さ30mの大きな氷柱で、「三十槌(みそつち)の氷柱(つらら)」(秩父市大滝)、「尾ノ内(おのうち)氷柱(つらら)」(小鹿野町)と並ぶ秩父三大氷柱の一つです。

壮大な眺めの昼間に加え、期間中の土休日は17:00〜20:00にライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。そのほか、氷柱会場では各種イベントが予定されています。西武鉄道は、芦ケ久保駅から「あしがくぼの氷柱」までを巡る約2kmのウォーキングイベントを2月4日(金)・5日(土)に開催します。また、このシーズンは芦ケ久保地区・横瀬地区で冬の味覚の「いちご狩り」を楽しむこともできます。

【時刻表で解説】西武 一部の特急電車を芦ケ久保駅に臨時停車

冬の秩父路へのお出かけに便利なきっぷとして、「秩父市応援 秩父漫遊きっぷ」が3月10日(木)までの期間限定で発売されています。これは、新型コロナウイルス感染症の影響で観光客が減少している秩父地域を盛り上げるため、秩父市の協力により、通年発売の「秩父漫遊きっぷ」の内容がそのままに最大で大人640円・小児320円値下げされたおトクな企画乗車券です。

西武鉄道は、特急ラビューで乗り換えなしで行ける芦ケ久保駅へ出かけ、冬の芸術をぜひご覧くださいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉