京王は大晦日の終夜運転決行 新宿〜高尾山口間 座席指定列車「迎春号」 も深夜4本運転

京王電鉄は、2021年度大晦日から元日にかけて臨時の座席指定列車「京王ライナー迎春号」を含む終夜運転を実施します。

「京王ライナー迎春号」に使用される京王5000系電車(ゴスペル/PIXTA)
「京王ライナー迎春号」に使用される京王5000系電車(ゴスペル/PIXTA)

「京王ライナー迎春号」は2021年12月31日(金)深夜から2022年1月1日(土・祝)元日にかけて、1・3・5・7号の計4本が新宿駅発・高尾山口駅行で運転されます。新宿駅・明大前駅で乗車扱いを行い、府中駅からは乗降フリー区間となり特急と同じ停車駅で高尾山口駅まで運転されます(運転時刻は下表を参照)。クロスシートの5000系車両が使用され、電源コンセントや無料Wi-Fiの利用が可能です。

不思議の迷宮「高尾山トリックアート美術館」古代エジプトの遺跡をイメージした館内(提供: じゃらん)

全車指定席で、乗車券のほかに1席410円(大人・小児同額)の座席指定券が必要です。「京王チケットレスサービス」では2021年12月24日(金)7:00から前売り発売が行われます(7号のみ25日(土)7:00から)。また、空席がある場合のみ乗車駅の券売機で12月31日(金)始発から座席指定券を購入できます(7号のみ1月1日(土・祝)3:10から)。座席数は438席で、満席になり次第発売終了となります。

また、2021年12月31日(金)大晦日の終電以降、京王線新宿〜高尾山口駅間および新線新宿駅〜笹塚駅間において各駅停車などがおおむね60分間隔で終夜運転されます(終夜運転実施区間の路線図は下図を参照)。なお、井の頭線・相模原線・競馬場線・動物園線および京王線の北野駅〜京王八王子駅間では終夜運転は実施されません。

なお、京王線・井の頭線とも、年末年始の2021年12月30日(木)〜2022年1月3日(月)は土曜・休日ダイヤで運転されます。

【時刻表と路線図で解説】京王 2021〜2022年末年始の運行ダイヤ

そのほか、調布駅北口〜深大寺間およびつつじケ丘駅北口〜深大寺間には、京王バス(東京都府中市)が大晦日深夜、おおむね京王線の運行に合わせた間隔で初詣臨時バスを運転する予定です。また、高尾登山電鉄(東京都八王子市)は高尾山ケーブルカーを大晦日から元日まで終夜運転し、高尾山薬王院「新春大護摩修行」への参拝客の利便性を図ります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉