都営地下鉄 浅草線一部区間で大晦日終夜運転 三田線・大江戸線は終電2時まで繰り下げ

東京都交通局は、都営地下鉄の大晦日終夜運転や終電繰り下げを含む2021年度年末年始の運転ダイヤを発表しました。

都営大江戸線で運行している東京都交通局12-000形電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
都営大江戸線で運行している東京都交通局12-000形電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

2021年12月31日(金)大晦日、都営地下鉄では3路線(浅草線・三田線・大江戸線)の一部区間において通常の終電後に臨時列車が運転されます(実施区間の路線図は下図を参照)。

都営浅草線は浅草橋駅〜押上駅間のみで終夜運転が実施され、2022年1月1日(土・祝)元日の始発にわたり30〜40分間隔で列車が運転されます。また、都営三田線(日比谷駅〜西高島平駅間)および都営大江戸線(都庁前駅〜飯田橋駅〜清澄白河駅間)では終電時刻の繰り下げが行われ、おおむね2:00頃まで運転時間が延長されます。

なお、上記3路線のその他の区間と都営新宿線、日暮里・舎人ライナーおよび東京さくらトラム(都電荒川線)では終夜運転・終電繰り下げともに実施されません。また、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては臨時列車の運転が中止となる場合もあるとしています。

【路線図で解説】東京都交通局 2021〜2022年末年始の運転ダイヤ

年末年始期間は都営地下鉄4路線および日暮里・舎人ライナーが2021年12月30日(木)〜2022年1月3日(月)まで土曜・休日ダイヤ、東京さくらトラムは2021年12月29日(水)〜2022年1月3日(月)までが休日ダイヤでの運転となります。また、都営バスについては2021年12月29日(水)〜2022年1月3日(月)の期間、路線により臨時ダイヤなど通常と異なる時刻で運転されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉