ドーム型天井「白いロマンスカー」定期運行終了へ VSE ラストランまで特別装飾 小田急

小田急電鉄は、2022年3月11日(金)をもって「特急ロマンスカー・VSE」(50000形)の定期運行を終了します。

小田急ロマンスカー・VSE50000形電車(KUZUHA/写真AC)
小田急ロマンスカー・VSE50000形電車(KUZUHA/写真AC)

シルキーホワイトの車体にバーミリオン・オレンジの帯が配された外観のVSEは、箱根観光の専用車両として2005年3月にデビューしました。愛称はVault Super Expressの頭文字から取られています。ドーム型の天井などの意味を持つVaultの名の通り、高い車内高で広々とした室内が自慢で、大型の側面窓や展望席からは迫力のある眺望を楽しめます(編成表は下図を参照)。小田急ロマンスカーの伝統に習い、2両の車体の端部を1つの台車で支える「連接台車」を採用していることも特徴的です。

車両の総合デザインは、関西国際空港旅客ターミナルビルなどの設計を指揮した建築家・岡部憲明氏が担当しました。2005年度グッドデザイン賞、2006年には鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞するなど、デザイン性の高さが各方面から評価されています。これまで約17年にわたり2編成で延べ600万km超を走行し、約2000万人に利用されたとのことです。

2022年3月12日(土)のダイヤ変更に合わせて特急列車としての定期運行が終了します。その後は臨時ダイヤによるイベント列車での運行を継続し、2023年秋頃に完全引退する見込みとしています。小田急電鉄は引退の理由を「車両の経年劣化や主要機器の更新が困難になる見込みである」からと説明しています。

【図表で解説】小田急 2022年3月11日(金) 「特急ロマンスカー・VSE」の定期運行を終了

これまでの感謝の気持ちを伝える企画として「ありがとうVSE! 〜Special Thanks & Forever〜」が展開され、2022年1月29日(土)からラストランまでの間、記念装飾が車体の両先頭部と側面に掲出されます(掲出位置は上図を参照)。また、同日から新宿駅など4駅で「小田急ロマンスカー・VSE(50000形)定期運行終了記念乗車券」が1セット2,000円で限定10,000セット販売されます。購入には専用Webサイトからの事前予約が必要で、2022年1月中旬から受付が開始する予定です。

そのほか、VSEの歴史やイベント等の情報を発信する特設サイトが2022年1月中旬に開設されます、さらに、VSEとのエピソードを募集する企画や特別ツアー、記念グッズの発売なども予定しているとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉