埼玉・群馬・栃木県内の特急券をキャッシュバック 日光・鬼怒川の観光回復を応援 東武

(2022年1月14日) 2021年1月18日(火)から当分の間、キャンペーンが一時中止となります。

東武鉄道は、隣接県から日光エリアまでの特急料金を全額キャッシュバックするキャンペーンを期間限定で実施します。

東武100系「スペーシア」リバイバルカラー編成(ちゃんこちゃんこ/写真AC)
東武100系「スペーシア」リバイバルカラー編成(ちゃんこちゃんこ/写真AC)

「NIKKO MaaS 特急券キャッシュバックキャンペーン」の開催期間は2022年1月5日(水)〜2月28日(月)の平日限定です。栃木県の事業「第2弾 県民一家族一旅行」の割引対象が隣接県まで拡大したことを受け、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ観光需要の回復を応援するために実施されます。

対象者は埼玉県・群馬県・茨城県・栃木県にお住まいの方で、スマートフォン専用サイト「NIKKO MaaS」で4種類いずれかの「デジタルフリーパス」(詳細は下図を参照)を購入した先着500名です。埼玉県・群馬県から栃木県内の東武線各駅発着となる特急券について、お一人1枚分の特急料金が全額キャッシュバックされます。

例えば、大人1名が「NIKKO MaaS」上で「日光世界遺産デジタルフリーパス」(春日部駅発2,150円)を購入し、春日部駅〜東武日光駅間で特急「スペーシア」を往復利用(平日料金2,300円)した場合、特急料金1乗車分(片道)の1,150円がキャッシュバックされます。

キャッシュバック場所は東武日光駅または鬼怒川温泉駅ツーリストセンターで、フリーパスの購入完了メールとお名前、住所が確認できる証明書の提示が必要です。キャッシュバック対象は特急「スペーシア」「リバティ」「りょうもう」の特急料金で、個室料金は除きます。東京都内発着の特急券および、JR相互直通特急でJR線各駅発着となる特急券はキャッシュバックの対象外となります。

また、東武日光駅・鬼怒川温泉駅ツーリストセンターでデジタルフリーパスを提示すると、同センターで発売する東武グループ関連の現地発ツアー商品が1,000円割引で購入できる特典も提供されます(詳細は下表を参照)。

【路線図で解説】東武 「NIKKO MaaS 特急券キャッシュバックキャンペーン」\

東武鉄道などが共同で開始した観光型MaaS(Mobility as a Service)「NIKKO MaaS」は、東武線各駅から日光までのフリーパスをはじめ、日光地域でのカーシェアや観光コンテンツなどをスマートフォン一つで検索・購入・利用できるサービスです。利用にあたりアプリのダウンロードは不要です。

電車やバスが乗り放題となるおトクなデジタルフリーパスは、「日光世界遺産」「鬼怒川温泉」「中禅寺・奥日光」「湯西川温泉」の4エリアから選ぶことができます。従来の企画乗車券と比べ、旅行の目的や場所のニーズにより細かく合わせたラインナップとなっています。また、日光・鬼怒川エリアの協賛約50店舗でフリーパスを提示すると、割引等の特典を受けることもできます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉