大井町線「Qシート」17時開始に 目黒線で速達化 東急3月ダイヤ改正 東横線は各停減便

東急電鉄は、2022年3月12日(土)に東横線・目黒線・田園都市線・大井町線・こどもの国線においてダイヤ改正を実施します。

大井町線二子玉川駅に停車中の東急6000系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
大井町線二子玉川駅に停車中の東急6000系電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

目黒線では、奥沢駅で行われていた上り線通過待ち設備の新設工事が完成します。これにより朝ラッシュ時間帯の速達化が図られ、上り急行列車1本が同駅と武蔵小山駅で先行する各駅停車を追い抜くことで所要時間が3分程度短縮します(運転時刻は下表を参照)。

田園都市線では、早朝時間帯における中央林間駅始発の上り準急列車が増やされます(運転時刻は下表を参照)。中央林間駅を5時台に発車する準急の本数は平日が2本から4本へ、土休日は1本から2本へとそれぞれ拡大します。

昼間時間帯には東横線・目黒線・田園都市線で上り優等列車の所要時間がそれぞれ1分程度短縮し、速達性と利便性が向上します。大井町線は平日の夕夜時間帯、下りの急行列車が15分の等間隔で運転され、発車時刻がわかりやすくなります(時刻表例は下表を参照)。また、土休日の夕時間帯には、田園都市線直通の大井町駅発・中央林間駅行下り急行が2本新たに運転されます。

一方、利用動向の変化に対応するかたちで、一部区間および時間帯におけるダイヤの見直しも行われます。東横線では平日・土休日とも昼間時間帯、渋谷駅〜菊名駅間における各駅停車の運転本数が見直されます(詳細は下表を参照)。大井町線では平日の夕夜時間帯、大井町駅〜溝の口駅間の急行および各駅停車の運転が一部取り止めとなります。田園都市線の長津田駅〜中央林間駅間でも平日夜時間帯に下り各駅停車が計2本削減されます。また、こどもの国線は田園都市線のダイヤ改正に合わせ、夕夜時間帯の一部列車に時刻変更が発生します。

大井町線で平日に実施されている有料座席指定サービス「Qシート」は、現在の暫定運行本数(8本)から1本増発され、1日あたり9本利用できるようになります。また、運行開始時刻が現在より30分前倒しされ、大井町駅17:00発からの実施となります(運転時刻は下表を参照)。Qシート車両は大井町駅発・長津田駅行急行列車の3号車に設定されており、長津田駅では田園都市線の各駅停車中央林間駅行に接続します。なお、現在休止中となっている大井町駅22:25発および23:10発(改正後は23:00発)の2列車での座席指定サービスは、ダイヤ改正後も引き続き実施されません。

【時刻表で解説】東急 2022年3月12日(土) 東横線・目黒線・田園都市線など5路線でダイヤ改正

最終的な各駅の時刻表については、2022年3月上旬から各駅や東急電鉄公式サイトなどで順次告知するとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉